このキャンペーンは終了しました

広島県廿日市市長: 宮島の鹿の為に島の環境を整え、鹿の健康管理、保護をお願いします。

3,281人の賛同者が集まりました


日本の宮島、厳島神社が1996年、世界遺産登録されました。そこには沢山の野生の鹿が生息しています。昔から宮島では神の遣いとされ、食事を鹿桶というも物に入れ与えられ、愛されていたが歴史あります。戦後、極端に鹿の頭数が減った為、行政が餌やりをし、数を増やしてきたのです。その後数百万人という観光客が訪れ宮島に鹿ありき、となりましたが、増えすぎたとなった為同市は鹿の頭数を減らす計画に出ましたが、その方法が残酷でした。市街地の人に依存、生活圏としている鹿への給餌を止め、その飢えた鹿を自然と山へ帰るようにするというのです。「野生だから当然」と、聞こえは良いでしょうが、今までの鹿達への扱いは何だったのでしょう。鹿が、どんな死に方をしても責任は負わないと言う事でしょうか。宮島の発展の為にも貢献して来た鹿達です。宮島全島で現在何頭生息しているのか把握出来る完全な資料はありません。現在市街地の鹿達は減りつつあります。また、多くの鹿が、観光客の捨てたゴミや食べ残し、紙類、ビニール袋などを食べて消化不良で死に至る事も多々あります。それを防ぐ為ゴミ箱の改善、数を増やして欲しい要望も聞き入れられない状態が続いています。宮島の山も世界遺産。山へ返した事によって樹木を食い荒らしたと、駆除されないかと心配です。それに、照葉樹林の森には鹿の好む草木が本当に少ないのです。島全島には、芝地は限られており、毒草も多い土地です。この11年間対岸の御夫婦が週に一度ボランティアとして鹿達に給餌をしをて下さっています。そして、イベントの時に出るゴミを集めるボランティアさん達もいてくださいます。そういった環境の中で頑張って命を繋いでいる鹿達です。島のシンボルでもあり愛すべき鹿達は世界遺産の一部だと言えるのではないでしょうか。芝地を増やすなど環境保全、鹿達の安全、命を守る為に訴えて続けていきたいのです。どうか、署名!コメント!シェアをよろしくお願い致します。



今日:直子さんがあなたを必要としています

上原 直子さんは「廿日市市市長: 広島県廿日市市長: 宮島の鹿の為に島の環境を整え、鹿の健康管理、保護をお願いします。」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!直子さんと3,280人の賛同者と一緒に賛同しましょう。