このキャンペーンは終了しました
宛先: 広島電鉄社長 と1人の別の宛先

広島電鉄の芝生軌道を囲むポールを必要最小限にして欲しい。

騒音の軽減、ヒートアイランド現象の緩和、市内緑化による景観の改善を目的に、広島電鉄でも芝生軌道が導入されつつあります。しかし、今年初めて道路に挟まれた場所が芝生軌道化されたところ、芝生軌道の両サイドに無粋なポールが何本も立ってしまいました。これでは景観の改善とは言えません。
芝生軌道の先進地であるヨーロッパ、国内では鹿児島市電が積極的に芝生軌道を導入していますが、ここまで露骨なポール設置は行なわれていません。これでは「広島市民は芝生の中でも平気でクルマを走らせる人だからガードしている」と観光やビジネスで広島に訪れた人に思われても仕方ありません。
世界遺産があり外国人も多く訪れる広島を、恥ずかしくない都市景観にして戴きたいです。

署名は以下の宛先へ届けられました:
  • 広島電鉄社長
  • 広島市長

    路面電車を考える会 さんはこのキャンペーンを賛同者1名から始め、今では28名の賛同者を集めました。あなたも、変えたい課題に対して、キャンペーンを始めてみませんか?




    今日:路面電車を考える会さんがあなたを信じています

    路面電車を考える会さんは「広島電鉄の芝生軌道を囲むポールを必要最小限にして欲しい。」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!路面電車を考える会さんと27人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。