新型コロナウイルスの影響による帝平成大学の学費減免、返還を求める署名活動

0 人が賛同しました。もう少しで 1,500 人に到達します!


皆さん、学費を通常通り納入していらっしゃると思いますが、疑問に思ってる方が多いのではないでしょうか。
なぜ私たちは利用できないのに設備費などを支払っているのでしょうか。
そこで、疑問を持っている方に賛同を求めます。

現在帝京平成大学では新型コロナウイルスに伴う緊急事態宣言を受け、前期の授業が原則全てオンラインで行われることが決定致しました。
大学関係者の方々は大変な状況にも関わらず、対応に追われている事かと思います。そのような中でオンライン授業という形で授業を行う事ができる環境を整えてくださった事、様々な対応をしてくださっている事に感謝致します。

帝京平成大学内立ち入り禁止による光熱費、人件費、図書館などの設備費、授業実習・演習費等の諸経費がかからないにも関わらず、授業料は例年通り全額納付となっている事に異議を申します。
学費減免、返還を求めるにあたり、具体的な意見は以下の通りです。


1.オンライン授業は対面授業に比べて実践的な授業が受けられないなど、教育の質が保たれない。
2.キャンパスで友人と語り合ったり、サークル活動したり、有意義な学生生活を送る事ができない。
3.大学で使うことができない施設の費用、実際に行われない実習や実験の費用を返還して欲しい。
4.オンライン授業を受けるにあたり、ネット環境の整備など新たに自己負担しなければならならい部分が増えた。

また、新型コロナウイルスに伴う緊急事態宣言によりアルバイト先が休業となり生活が困窮してしまう学生も多くおります。その中には学費を自ら支払っている学生や、一人暮らしをしている学生、学費を払う事ができない学生もいるでしょう。
帝京平成大学の良さの一つとして、充実した設備や実践的な授業を受ける事が出来る「実学」が挙げられると考えております。これらが利用出来なくなった今、オンラインで以前と同じ学習や経験をする事が出来るとは考え難いです。
皆さんの中にはなぜ大学に行かないのに学費を全額払わなければならないのか?と疑問に思った方も居らっしゃると思います。

上記の内容を踏まえ、帝京平成大学全ての学生(留学生を含む学群生、学院生)の学費減免、返還を求めます。

例として挙げさせていただくと、明治学院大学では、2000人以上の署名が集まり学生への5万円の給付が決まりました。

是非このキャンペーンに賛同していただければと思います。
よろしくお願い致します。

帝京平成大学の学生は学籍番号を氏名の後ろに書いていただけると幸いです。(任意です)
メールアドレスの記入につきましては、学生は学内で発行されたものが望ましいです。


署名するページには学籍番号を記入する欄がないので、以下のように記入をお願い致します。
例)
名字 帝京
名前 平成 311D00001


帝京平成大学の学生だけでなく保護者の方、大学関係者の方の署名も受け付けております。
是非周囲の方にもこのキャンペーンのことを広めていただきたいと思っております。

ご協力宜しくお願い致します。


追記:記入欄に入力後、メールで最後の認証メールのようなものが届きます!そのメールの赤い認証ボタンを押していただくまで署名が完了しません!勇気を出して署名してくださった気持ちが反映されない事の無いようご注意ください!

代表者
現代ライフ学部・人間文化学科2年
小川 璃衣奈