川崎市営バスのベビーカーに対する人権侵害をやめさせたい。

0 人が賛同しました。もう少しで 100 人に到達します!


去る8月20日日曜日に川崎市営バスを利用した時、 バスに乗る前から、車内が空いているにも関わらず運転手からベビーカーを畳むよう言われ、渋々畳んで乗りましたが、子供を抱えなが、倒れるベビーカーを抑えるのはもう限界だったので、ベビーカーを開いて所定のバンドで止めようしたら、運転手から拒否されました。
バスには「ベビーカーは所定の場所のバンドで固定して下さい」とあり、畳む必要は無いのでは、
抗議したら、今度はバスを降ろされました。

この件につき、後日川崎市交通局に抗議をしましたが、川崎市交通局からの回答は

1.乗車の際は空いていましたが、後から混雑するのがわかっていたので、運転手はベビーカーを畳む様、「お願い」をしたまでです。

2.道中車内が混み合って来たにも関わらず、お客様がベビーカーを開いき、お子様を乗せ始めたので、お子様の安全のため、降りていただきました。

以上のような回答でした。

しかし、川崎市ホームページには市バスのベビーカーの利用について、この様な案内は無く、「空いている車内ではベビーカーのまま乗車し、固定ベルトでベビーカーを固定して下さい」となっています。

http://www.city.kawasaki.jp/820/category/6-2-0-0-0-0-0-0-0-0.html

また、安全を配慮するなら、ベビーカーを固定ベルトで固定させてくれれば良いのに、それも運転手からは拒否され、結果次のバス停で理不尽に降ろされました。

車内は混んで来てはいましたが、ベビーカーと子供を抱えたまま、自力で降車出来るぐらいの余裕はあり、私どもを降ろしたあと、そのバス停から新たな乗客が10人程度乗り込んでいきました。

ホームページや車内掲示で案内しているベビーカーの利用方法と今回の運転手からの「お願い」と何故こんなダブルスタンダードがあるのか?

また、公共交通機関がベビーカーの利用について、「お願い」を受け入れない事を理由に、今乗っている乗客を目的地でもないところで降ろすのは許される事なのでしょうか?

 

 



今日:史記さんがあなたを信じています

秋山 史記さんは「川崎市長: 川崎市営バスのベビーカーに対する人権侵害をやめさせたい。」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!史記さんと53人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。