岩手県公立中学校高等学校休校延長要請

0 人が賛同しました。もう少しで 200 人に到達します!


私は岩手県の公立高等学校に通学している者です。

Twitterで他県の高校生の方々が、国公立中学校高等学校の休校延長を要請する署名活動をしていることを知り、感化され、この度私もこのような署名活動をすることを決意しました。

現在岩手県ではまだコロナウイルスの感染者は出ていませんが、学校の再開が始まろうとしています。岩手県は新幹線が通っており、また、周りの東北5県も既に感染者が出ていることから、岩手県でも感染者がいつ出てもおかしくない状況です。

現在こうして県内の感染者を0人で抑えることができているのは、これまで休校をしてきたことや、不要不急の外出を控えてきた、県内の学生、また、県民のコロナウイルス感染防止の為の心遣いや行動の表れだと思います。しかし、ここで学校を再開してしまうとすぐに県内でも感染者が増え、手に負えなくなると思います。学校は集団活動をする場であり、最も集団感染の原因になりやすい場所だと思います。また、学生が学校で感染し、自宅に持ち帰り、家族に感染させるなど、感染が大きくなることは目に見えています。岩手県は高齢者や無医村地域が多く、医療崩壊が起こってしまっては手遅れになってしまいます。自分たちの家族や友人が亡くなってしまうという悲しさや苦しみは、東日本大震災を経験している私たち、岩手県民だからこそ分かっていることではないのでしょうか。連日、他の都道府県や海外のニュースが流れていますが、手遅れになってしまっては遅いと痛感させられら日々です。もう二度と震災のときの苦しみを感じないよう、一刻も早く公立中学校高等学校の休校をするべきだと思います。また、休校を延長した際には映像授業等で対応すれば、学生の教育に対する影響も最低限に抑えることが出来ると思います。

以上のことから、私たちは岩手県公立中学校高等学校休校延長の要望をします。

東日本大震災を経験している私たちだからこそ、今自分たちに出来ること、すべきことははっきりと分かっているはずです。また、震災を乗り越えた私たちだからこそ、今回のコロナウイルスの件も県民一同協力し、乗り越えることができると信じています。

皆さんどうか力を貸して下さい。また、SNSでの拡散をよろしくお願いします。