山梨県公立校休校延長要請

0 人が賛同しました。もう少しで 500 人に到達します!


私は山梨県の公立高校に通学している高校生です。

 SNS上では学校再開の反対意見が多く上がっており、署名活動をしている高校生もいます。現在、山梨県では小中高の学校の再開が進められており、すでに再開しているところもあります。県内では4月3日には11名の感染者が確認され、関東圏、首都圏からの流入も多く、決して油断できる状況ではありません。また、4月7日には感染者数が20例目に倍増しました。このような状況でも県内のほとんどの高校は休みでも小中学校はもう再開しているところがあります。学校へ行く生徒の不安、その親御さんの不安は相当なものになっています!県民みんなが声をあげています!学校は、たくさんの生徒と関わり、交流をするので感染のリスクがものすごく高まります。学校再開がさらに拡大すれば、公共交通機関を使う生徒がたくさんいるので、より多くの人に感染すると思います。また、山梨県では高齢者も多く、割合は28.3%にもなります。そのため、感染が拡大すれば、山梨県内で医療崩壊が起こる可能性も高いと思われます。

 海外では若い人でも重症化し、亡くなるケースが確認されています。今や、若いから大丈夫!なんて言ってられないのです。だからこそ、止めなければなりません。このようなことになる前に、絶対に県内の学校の再開を遅らせるべきです。

また、外出を自粛せず、遊びに行く人をInstagram等のSNSで見かけます。しかし、感染しても若者は症状が現れず、気づかないことがあると知りました。その生徒から学校で感染が広がり、友達が亡くなってしまってから休校しても遅いと思います。

 

 

私は、大切な命を1人でも多く救いたいのです。なので、署名活動の協力と、SNS上での拡散をして協力していただければ幸いです。

この署名は、山梨県教育委員会、山梨県議会へ提出したいと思っております。