尚絅学院大学において新型コロナウイルスの措置に対し学費見直しを求めます。

尚絅学院大学において新型コロナウイルスの措置に対し学費見直しを求めます。

0 人が賛同しました。もう少しで 1,000 人に到達します!


この署名活動には一切の金額負担は要らず、下部のシェアのみで大丈夫です。

なお、尚絅学院大学生に限らず、各所で学業に勤しむ学生には、今現在使用が減少している費用に関して一定の減額を請求する権利が存在しています。

私達は尚絅学院大学及び、学長、文部科学省に対して、以下の根拠に基づいて、学費の減額を請求させていただきます。

1.尚絅学院大学の現状
 尚絅学院大学は、4月4日時点で当分の間は図書館を閉館、学内への立ち入りの自粛を要請し、5月12日以降の授業については、当分の間非対面型授業のみを継続すると発表しました。
 よって、我々学生は通常通りの勉強をすることも、大学施設を利用することも当分の間できません。

⑴尚絅学院大学の学習システム・理念
 尚絅学院大学では現場と理論をつなぐ「実践現場の充実」、更に教授と近い距離での学習による向上・サポートを学習軸と掲げているにも関わらず、コロナウイルスにより尚絅学院大学の強みである学習システム導入が困難な状況です。

⑵今後の授業形態・施設利用
⑵-1.今後の授業形態
 非対面授業の対応は自宅での受講となることで、通信料や機材費が発生し、本来必ずしも必要でなかったコストを自己負担しなければいけない可能性もあります。端末を持つ学生は多いものの、もしデータで送られた資料をプリントアウトとなれば、プリンター(インク、用紙など含む)もしくは印刷代も学生の負担となります。
 また、非対面授業はやはり対面授業との「授業の質」は異なるものであるとも考えます。実験や実習、グループワークや発表等の授業形態が一部既に延期、または中止を余儀なくされました。
 さらに、非対面授業形態が資料を配布して、それに対する課題を出すだけでは、授業とは言えません。独学では学べない専門知識を学ぶことが大学の授業形態であり、私たちはそれを求める権利があります。授業の連絡も、当日の授業前までに来れば良いと感じるほど非常に遅いです。授業開始時刻を大幅に超えてから講義を行う先生や、授業の連絡すらしない先生もいるのが現状です。授業回数を本来よりも減らして行う場合もあります。
このような授業形態では、どのようにして成績をつけるのでしょうか。
⑵-2.施設利用
 図書館閉館について、特に卒論を控える新四年生にとって利用できないことで、資料集めにおいてとても不利な状況に置かれています。在学生においても、非対面授業がある以上、情報収集の場である図書館の閉館は教育を充実させるという面では不足にあたると考えます。

⑶学費の内訳
 上記⑴⑵のような影響が出ているにも関わらず、学生への学費納入には例年通りの金額が請求され、学校に行けない今、非対面型授業による授業の質の低下及び、本来学べる実技講義の白紙化という状況にあります。
また、学費の中には“授業料”の他に、大学の施設(図書館、食堂等)を利用する“設備費”や、学内の無料wifi使用、学習スペースの確保の“教育充実費”が入っています。
これらの今現在使用が減少している費用に関して一定の減額を請求する権利が私たち学生には存在しています。

2.学生の生活状況及び健康面
 新型コロナウイルスの蔓延に伴い、学生生活を送る上で、学生は様々な不安やストレスを抱えています。

⑴学習生活に関するストレス
 現在多くの学生は非対面授業に関する不安を抱えています。すべての学生が平等に整ったインターネットの環境があるとは限りません。仮に、学生のインターネット環境に不具合が発生し、非対面授業をうまく利用できなかった場合、成績評価に関わる「出席」が欠席になる可能性があり、少なからず不安に思う学生がいます。また、これに対する救済処置がないため、学生の不安が増す一方です。

⑵金銭的ストレス
 私達学生は金銭面にも不安を抱えています。新型コロナウイルスの蔓延に伴い、学生のアルバイトの収入減が見込まれます。学費や生活費を賄っている学生にとって、先の見えない不安を抱えるはずです。したがって、大学側が例年通りの学費を請求することは酷ではないでしょうか。

 以上のことから、この状況が続くと思われる今、例年と変わらない学費を払うということは不当ではないかと考えます。

 

・発起人(個人への誹謗中傷を未然に防ぐため、平仮名または苗字のみを記載)

いしもり ゆい
やまもと がくと
よこやま うみ

・協力者

須藤
河崎
菊地
松野
高橋
安藤

佐々木
和久

No money will be incurred for this signature activity.
Not only Shokei Gakuin University students but also students who study in various places have the right to request a certain amount of reduction for the expenses currently in use.
We will request Shokei Gakuin University, the President, and the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology to reduce the tuition fee based on the following grounds.

1. Current status of Shokei Gakuin University
As of April 4, Shokei Gakuin University will close the library for the time being, request refraining from entering the campus, and for classes from May 12 onwards, only non-face-to-face lessons will be continued for the time being. Announced.
Therefore, we students cannot study as usual or use university facilities for the time being.
⑴ Shokei Gakuin University learning system and philosophy
Although Shokei Gakuin University advocates “improvement of practical field” that connects theory with the field and further improvement and support by learning at a close distance to the professor, the coronavirus is the strength of Shokei Gakuin University. It is difficult to introduce a learning system.

(2) Future class style and facility usage
⑵-1. Future class style
ㆍ Because the correspondence of non-face-to-face classes will be taken at home, communication charges and equipment costs will be generated, and there is a possibility that you will have to pay for costs that were not necessarily necessary originally. Although many students have terminals, if the data sent out as data are printed out, the printer (including ink, paper, etc.) or printing fee will be borne by the student.
We also think that non-face-to-face classes are different in "class quality" from face-to-face classes. Some of the classes such as experiments, practical training, group work and presentations have already been postponed or canceled.
Furthermore, a non-face-to-face lesson form cannot be called a class simply by distributing materials and giving issues for them. Learning specialized knowledge that cannot be learned on our own is a form of university teaching, and we have the right to seek it. Contacting the class is so slow that I feel like I should come before class on the day. The current situation is that some teachers give lectures significantly after the class start time, and some teachers do not even contact the class. In some cases, the number of lessons will be less than usual.
How do you improve your grades in this class?
⑵-2. Facility use
/> Regarding the library closing, it is in a very disadvantageous situation in gathering materials because it can not be used especially for new fourth grade students who refrain from graduation thesis. Even for current students, as there are non-face-to-face classes, we think that closing the library, which is a place for collecting information, is insufficient in terms of enhancing education.
⑶ Breakdown of tuition
Despite the impacts of (1) and (2) above, the amount of money paid to students is the same as the usual amount, so I can't go to school. There is a situation where the practical skill lecture is blank.
In addition to "tuition fees," "equipment costs" for using university facilities (library, dining room, etc.), free wifi on campus, and "education enhancement costs" for securing study space ____ is inside.
We students have the right to claim certain reductions in these currently reduced usage costs.
2. Student life and health
/> With the spread of the new coronavirus, students have various anxiety and stress in their student life.
⑴ Stress related to learning life
Many students are currently worried about non-face-to-face classes. Not all students have an equal Internet environment. If there is a problem with the students' internet environment and they are not able to use the non-face-to-face lessons well, there is a possibility that the "attendance" related to grade evaluation will be absent, and some students are a little worried. Moreover, since there is no remedy for this, students' anxiety is increasing.
⑵ Financial stress
We students are also financially worried. With the spread of the new coronavirus, it is expected that the income of students' part-time jobs will decrease. For students who are paying for school and living expenses, they will have uncertainties. Therefore, it would be terrible for the university to charge the school fees as usual.
Based on the above, I think that it is unfair to pay the same tuition fees as the average year now that this situation is likely to continue.

 

Founder
Yui Ishimori
Gakuto Yamamoto 
Umi Yokoyama