大規模に自然を破壊する「自然エネルギー」発電を規制する法案を作ってほしい!

0 人が賛同しました。もう少しで 500 人に到達します!


本プロジェクトを提案した私は小野俊之と申します。
一社会人として仕事をしつつ、趣味で自然を楽しんだり、ささやかではありますが山林を買って保全するナショナルトラスト運動にもある財団を通じて参加しています。

現在の日本では、静岡県の伊豆高原や長野県の霧ケ峰など、多くの場所で大規模な自然破壊を引き起こす大規模太陽光(メガソーラー)発電が計画され、一部は実行に移されています。また急斜面の木々をすべて伐採するようなメガソーラーも多数あり、実際に土砂崩れなどの災害を引き起こしています。

そもそもの目的は、太陽光発電や風力発電といった自然エネルギーを活用して、火力や原子力に頼る割合を減らし、環境への負荷を減らそうという目的で始まったはずです。
しかし実際には、売電による利益と投資を目的にしたものになっており、「自然エネルギー」とはいいながら、それによる自然破壊が日本中のあちこちで行われております。
まさに本末転倒と言わざるをえません。

SNSやニュースでもこれらの問題は折々で指摘され、乱開発が行われる地元などでは反対運動も起きていますが、国会では不毛な議論が繰り返されますが、与野党の政治家からも官僚からもこういった対策を議論する声は聞こえてきません。制度としてはむしろこう言った自然破壊によるメガソーラーを推進しているようにしか思えません。

山林も草地も太陽光パネルに埋め尽くされた光景は広がる一方であり、まずはルールを作らなければならないと私は考えています。

そこで安倍晋三内閣総理大臣ならび中川雅治環境大臣に対して、速やかに無秩序な自然を破壊する「自然エネルギー」発電を規制し、環境を守った上で適切に運用されるような法律を作るよう要請します。

国を愛するということは、自然や環境、今まで培われてきた生態系を大事にすることでもあり、思想の左右、イデオロギーに関係がなく、全ての国民に共通する課題だと私は考えます。未来の人たちにどんな景色を残せるかは、ひとえに今の私たちにかかっています。
自然が破壊され、ひたすらソーラーパネルに埋め尽くされた野山を未来に残してよいのでしょうか?乱開発によって多くの動植物が死に絶えた世界を、未来の人たちに誇ることができるのでしょうか?
皆様のご協力をお借りしたいと思います。



今日:俊之さんがあなたを信じています

小野 俊之さんは「小野俊之: 大規模に自然を破壊する「自然エネルギー」発電を規制する法案を作ってほしい!」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!俊之さんと200人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。