東京ビッグサイトの突然の使用禁止により発生した損失の補償を求めます

0 人が賛同しました。もう少しで 15,000 人に到達します!


令和3年4月22日(木)に東京都への緊急事態宣言の発令決定後、翌23日(金)夜に東京ビッグサイト側からイベントの主催者に突然「無観客イベントしか開催できない」とアナウンスがありました。

緊急事態宣言下においても、イベントの開催においては観客の上限の設定及び収容率を下げて開催というのが通例になっていたため、イベントの主催者、出展者、関連業者及び来場者はすでに準備を全て終えた状態でした。特に4月25日(日)及び4月26日(月)に開催のイベントはゼロ営業日でのイベント中止に追い込まれました。

イベントのブースの施工、配布予定のチラシやノベルティ、ケータリング(お弁当など)、会場で勤務するスタッフの手配等々全て準備が終わっておりました。また、23日夜の発表だったため、連絡が間に合わず24日には会場に届いてしまった搬入物やお弁当、勤務予定だったスタッフ(地方からの出張者を含む)で大変な混乱となりました。そして準備していたもの全て破棄することになり、各社に多大な損害が出ました。

こういった状況にもかかわらず、24日(土)にイベント関係者が東京都に問い合わせても土日であることを理由に窓口対応を一切拒否。また、東京都及びビックサイトは緊急事態宣言の発令を理由に、損害の補償を発表していません。


影響を受けたイベント一覧

◆SUPER COMIC CITY GYU!!2021(赤ブーブー通信社)4/25日に開催予定(中止)

◆Japan IT Week(リードエグジビションジャパン)27~29日に開催予定(中止)

◆日本ホビーショー(一般社団法人日本ホビー協会)27~29日に開催予定(中止)

補償を求める理由は以下の通りです

①準備期間が一切ない上での使用禁止の強行

緊急事態宣言が出たのは令和3年4月22日(木)ですが、4月23日夜まで、東京ビックサイトの使用中止の話は一切ありませんでした。また、他業種や施設では数日から1週間程度の準備期間が設けられており、その間に中止や延期の手続きができることで被害を最小限に食い止めておりました。

しかしながら、今回はゼロ営業日での対応となり、混乱を招くと共に被害が膨らんでおります。

せめて数日の準備期間を設けていればこう言った事態は防げていたにもかかわらず、突然の使用中止を強行した東京都および東京ビッグサイトの過失は明白です。 

②曖昧なイベント開催可否基準

緊急事態宣言中、同じ日程でもプロ野球や舞台など有観客で実施されたイベントもありました。例外措置として、多大な混乱が生じてしまうと主催者が判断する場合には、直ちに無観客化・延期などをしなくてもよいと政府は認めております。

東京ビッグサイトで開催されるような大規模のイベントでは、中止によって大きな混乱を招くことが容易に想像できるにもかかわらず、東京都および東京ビッグサイトは使用中止を強行し実質の開催中止を強制しました。

開催中止の強要に関して明確な理由は示されておらず、主催者は東京ビッグサイト側からメールで突然使用中止を告げられたのみとなっております。 

③東京都および東京ビッグサイトから補償がないことによる末端の中小企業、イベント従事者の経済的困窮

コロナ禍においてイベントの開催は厳しく制限されており、ただでさえ業界は非常に厳しい状態です。

突然のイベント中止に伴う損害に対し主催者が補償できる額はほんの一部。末端の中小企業やイベント従事者にまで補償は行き渡らず、「イベント中止で勤務ができなくなった日の給与が支払われない」「準備していたものを破棄しなければならず多大な損害に対応できない」など経済的に困窮した声が噴出しています。

イベントは開催に伴う経済効果(周辺のコンビニ・飲食・ホテル等もイベント需要に支えられています)が大きく、年間の経済波及効果7,500億円以上にものぼり、約5万人の雇用を生み出しています。

ですが、このような状況が続き、補償もないとなると失業者が増え、結果業界自体が潰れてしまいます。

イベントの開催による誘発税収額は国税・地方税の合計約630億円となっており、業界が潰れるとこの税収もなくなってしまいます。

私達は、東京ビックサイトがイベント開催前夜に突然使用禁止を強行した事で発生した損失の補償をを強く求めます。

参考記事

東京ビッグサイト、使用禁止に GWのイベント開催できずhttps://www.google.co.jp/amp/s/www.traicy.com/posts/20210424207640/%3famp

 

【修正履歴】

4月30日

御指摘いただき、4月23日(金)夜に使用禁止がアナウンスされ翌24日(土)朝から使用禁止になったために、24日(土)開催のイベントが影響を受けたと記載してしまっておりましたが、使用禁止のアナウンス後に開催されたイベントで一番開催日が近かったものが25日(日)でした。正しくは24日(土)は25日(日)のイベント及び26日(月)から開催のイベントの搬入及び施工日でした。御指摘いただき、修正させていただきました。

しかしながら、24日は搬入日で会場を使用することがわかっていたにもかかわらず、前日の夜に初めて使用中止のアナウンスがあったことも踏まえて、「ゼロ営業日でのイベント中止」という表現にこちらも修正させていただきました。