東京都迷惑条例に反対するしょ名です、

0 人が賛同しました。もう少しで 200 人に到達します!


去る、3/29東京都議会で「東京都迷惑防止条例改正案」が定例会(本会議)において賛成多数により可決、成立しました、しかしながらこの条例は「警察官」の判断で、犯罪要件を成立させるということで、法治主義を大きく逸脱するものといわざるをえません、言い換えれば、警察官の印象ひとつで、それが「犯罪」であるかどうか認定され従って運用において、恣意的要素が多分に含まれてしまいます、この点が、将来憲法に保障された、市民の交通の自由、政治表現の自由が「警察官」の恣意的判断によって阻害されるのではないか、と危惧します、よって、小池知事に置かれましては、速やかにこの条例を撤回なされることを希望いたします、