【実践女子大学・短期大学】新型コロナでオンライン授業に〜 学費(施設維持費等)の減額・通信費等の支援を求めます!

0 人が賛同しました。もう少しで 500 人に到達します!


コロナウイルスの感染拡大を受けて、大学授業開始が延期されました。学内施設は使えず、インターネットを通したオンライン授業が開始されます。

オンライン授業によってコロナウイルス感染のリスクは低くなりますが、ネット環境整備にかかる費用や、学費はどうなるのかといった不安も生じてきます。

自宅でオンライン授業を受けるためには、端末とインターネット通信の環境が必要です。端末は、パソコンやタブレット・スマートフォンなどのデバイスが必須。授業内で発言が求められる場合は、マイク付きのイヤフォンなども必要となります。毎日の講義を受けるためには十分なインターネット通信、Wi-Fi環境も必要でスマートフォンのデータ容量も必要になります。

独り暮らしであったり経済的に余裕がない場合は、通信費やパソコンの費用が負担となってしまいます。

授業開始が延期となりオンライン授業に変わったことで、授業回数が変化することも考えられ、充分な授業が受けられなかったとき授業料は返金されるのか?新型コロナウイルスによる特殊な状況ではありますが、授業料返還の可能性はあるのでしょうか?学校施設が使えないとなると、施設維持費や実習費を返してほしいという思いが出てくるのも当然だと思います。

 

私たち実践生及び保護者、関係者は学費・施設利用費の削減を求めます。

皆さまのご協力を是非よろしくお願いいたします。

 

※本学生の方

署名時に、住所のところに在籍学部学科、郵便番号のところに学籍番号を記入してください。メールアドレスは学内のメアドを使ってください

※本学生以外の関係者の方

居住地のところに卒業生・学生の親、など大学との関係がわかる記入をお願いします。また卒業生の方は郵便番号のところに卒業年を記入してください。