このキャンペーンは終了しました

3月11日の日を東日本大震災の記念日とし、祝日にして欲しい

39人の賛同者が集まりました


2014年3月11で東日本大震災の発生から3年を迎えることになりました。
多くの犠牲者を出し、以前行方不明のままの方もおり、福島の原発事故まで起こり、放射能に怯えることとなり、避難者も全国に10万人以上にもなっています。福島はもちろん東北三県でも復興もままならない状況で今もいます。
 そんな折、4日の参院予算委員会で公明党の若松謙維氏から3.11の日を記念日にしてはどうかの質問を受けた安倍首相は「長期的な観点から3月11日をどう位置づけ、取り組むか、よく検討したい」という答弁がありました。
 被災地や被災者にすれば、まだまだ復興途上で異論はあるかとおもいますが、この機会に私たち国民の後押しで、3.11を記念日とし、さらに祝日にして鎮魂と防災の日として、また二度と原発事故を起こさないことを誓う日にすることで、決して風化させることのない記念日にしませんか?せっかくですから3年目を迎える2014年3月11日から署名を始めて、集まった署名を直接安倍首相へ届けたいと思いますので、たくさんの賛同を頂けますと幸いです。



今日:生きるアシスト,comさんがあなたを信じています

生きるアシスト,comさんは「安倍晋三内閣総理大臣: 3月11日の日を東日本大震災の記念日とし、祝日にして欲しい」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!生きるアシスト,comさんと38人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。