Victory

私たち宗教者は、人権と生命を尊重し、平和を希求する立場から、沖縄平和運動センター議長 山城博治さんの即時釈放を求めます。

 2016年10月17日、東村高江や名護市辺野古での米軍基地建設に反対する抗議活動で、公務執行妨害や傷害などの罪で逮捕された山城博治さんの勾留が3ヶ月以上に及んでいる。通常大きな事件でない限り、起訴後は釈放されているのに、「有刺鉄線を切った」「腕を握った」というような微罪で、未だに弁護士以外の接見も認められないような長期拘留は違法で不当ある。


 すでに多くの刑法学者も法律上問題があると声明を発表し、国際人権擁護団体アムネスティも、国際的人権基準からはずれていると、釈放を要求する声明を沖縄地裁に提出している。米紙ワシントンポストでさえも、「市民的および政治的権利に関する国際規約」が定める未決勾留の例外化原則に反すると指摘(1月20日付 電子版)し、沈黙を強いる狙いだと伝えている。


 明らかに基地に対する抗議活動に圧力をかける意図があり、法律上ではなく政治的思惑が読み取れる。山城さんは悪性リンパ腫の持病があって、体調を崩しているとの報告があり、このまま勾留が続けば重大な事態に陥る恐れが出てきた。民主主義国家としてはあるまじき行為で、勾留を認め続ける裁判所の対応は、思想・信条・集会の自由を保障した憲法に違反する。

みなさまのご賛同をお願いします。

This petition was delivered to:
  • 安倍晋三内閣総理大臣・西川克行最高検察庁検事総長・多見谷寿郎福岡高等裁判所那覇支部支部長

    宗教者九条の和 started this petition with a single signature, and won with 403 supporters. Start a petition to change something you care about.