国による一律学費半額と、大学などへの予算措置を求めます

0 人が賛同しました。もう少しで 25,000 人に到達します!


*English version below

 新型コロナウイルスの感染が広がる中で、多くの大学や専門学校で立ち入りが制限され、授業がオンラインで実施されることになるなど、学生の生活に大きな影響が出ています。

 そして、学生のアルバイト、親の収入、学生ローンなどの抱き合わせでなんとか大学や専門学校に通わざるを得ないのは、そもそもの学費が高いからです。いま、アルバイトがなくなり、親の収入も減って家計が急変しています。このままでは進学や在学が危ぶまれ、世代ごと未来を奪われて社会に大きな傷跡が残ります。特に、いま最前線で新型コロナウイルス感染症の治療にあたっている医療従事者は、毎年医学生・看護学生などが学校を卒業するからこそ存在しているのです。

 13人に1人が退学を検討中との調査もあり、学費を負担する親世代にとっても子どもの未来が決まる瀬戸際です。高等教育はお金が払える人だけのものではなく、日本社会の共有の財産であり本来は権利です。学びを諦める人をなくすため、以下の2点を速やかに実現するよう国に求めます。

  1. 国の予算で一律の学費半額化を求めます

    経済的影響が長期化することで、学業を続けることが難しい学生が大量に出てくる恐れがあります。対象が狭く審査に時間をとる現行の制度ではなく、国公私立の違いや、課程や学年の違い、国籍の違いを問わない学費半額への一律減額を求めます。

  2. 大学などへの予算措置を求めます
    国は、新型コロナへの対応で増えた大学などの費用を補填してください。大学ではオンライン授業の設備投資や教職員の残業代など、予期せぬ負担が出ています。例えば、図書館休館に伴って書籍を貸し出すシステムを各大学が整備する際、国がこの費用を補償してください。

Demand Japanese government for a 50% reduction in tuition fees and more additional budgetary support for universities and colleges.

 The spread of the novel coronavirus infection (COVID-19) has caused great damage to students' lives. A lot of universities and colleges have restricted access to their campuses and had no choice but to give online lectures instead of regular ones. Education and research, which were supposed to be done, have been restricted. 

 Even before the COVID-19 crisis, students have been forced to manage to cover their costs for universities or colleges by their own part-time jobs, parents’ income, student loans, and so on because of the high tuition fees. Now students are losing their part-time jobs, and their parents' incomes are also decreasing, due to COVID-19. This situation may deprive students of the opportunities to enter and attend school, and so the future of the younger generation, which leaves a huge scar on society.

 A survey reported that 1 in 13 students were considering withdrawal from universities and colleges. We, especially parents bearing tuition fees of their children, are being pushed to the brink of ruin of the future of the younger generation right now. Higher education is not only for those who can pay, but it is a common property of Japanese society and our right. We demand Japanese government to promptly achieve the following two points, in order not to create people who give up learning.

  1. Demand 50% reduction of tuition fees by the national budget 
    Prolonged economic impact can lead a large number of students to quit their studies. We demand a 50% reduction in tuition fees to all the students, regardless of the differences of the type of universities (national / public / private etc.), curriculum grade, and nationality, instead of the current relief systems, whose target is small and which takes time to apply.
  2. Demand additional budgetary support for universities and colleges.
    The Japanese government should cover the increased costs of the universities/colleges due to the response to COVID-19. Now universities and colleges have an unexpected burden, such as equipment investment for online lectures and overtime pay for teachers and staffs. For example, when universities and colleges establish a system for lending books while the library is closed, the government should cover this cost.

「一律学費半額を求めるアクション」 代表 山岸鞠香

・東北学院大学「東北学院大学における新型コロナウイルスによる措置に対する学費減額を求めます」署名発起人
・法政大学「新型コロナの流行に伴う、法政大学のキャンパス閉鎖と授業のオンライン化に対する学生への学費減額等の支援を求めます」署名発起人
・法政大学「法政大学に学費減額を求める署名活動」署名発起人
・大東文化大学「大東文化大学におけるコロナウイルスによる入構禁止及びオンライン授業について学費の返還を求めます」署名発起人
・名古屋商科大学「名古屋商科大学 学費・施設利用料(教育充実費)の減免を求めます!」署名発起人
・慶應義塾大学「慶應義塾大学に学費減額を要求します。(学生・関係者のみ署名可)」署名発起人
・駒澤大学「駒澤大学における新型コロナウイルスによって生じた大学施設閉鎖間に伴う学費一部免除を求めます!」署名発起人
・和歌山大学【緊急】和歌山大学は、コロナウィルスによって先行きが不透明な状況下で、授業料を徴収しないで下さい。大学教育の質の確保について、学生にきちんとした説明を行って下さい。署名発起人
・金沢大学「金沢大学:全学生対象の支援と制度の改善請求を!」署名発起人
・拓殖大学 発起人「拓殖大学に今年度の学費減額を求めます」署名発起人
・東洋大学「東洋大学へ。大学施設閉鎖による春学期分学費減額の要望」署名発起人
・共立女子大学「共立女子大学に学費の一部減額・一部返金を求めます。」署名発起人
・神奈川大学「春学期の学費納入、施設設備資金について」(終了済)署名発起人
・成城大学「成城大学に学費減額を求めます!コロナウイルス対策に伴うキャンパス閉鎖・オンライン授業実施の影響を考慮してください!」署名発起人
・佛教大学「佛教大学 学費一部返還を求める署名」署名発起人
・國學院大學「國學院大學学費減額要求」署名発起人
・関西大学「関西大学へ学費の一部免除を求めます!」署名発起人
・跡見学園女子大学「跡見学園女子大学に対する学費(設備費)の返還」署名発起人
・桃山学院大学「桃山学院大学コロナ被害に対する学費の減額 返還」署名発起人
・中央大学「中央大学は学費を減額せよ」署名発起人
・同志社大学「大学は学費を減額せよ」署名発起人
・東京理科大学「東京理科大学学長: 新型コロナウイルスによる東京理科大学のキャンパス閉鎖とオンライン授業移行に伴い学費返納・減額を求める署名活動」署名発起人
・宮城学院女子大学「宮城学院女子大学の学費一部減額または返還を!」 署名発起人
・尚絅学院大学 「尚絅学院大学において新型コロナウイルスの措置に対し学費減額を求めます。」署名発起人
・東京家政大学「東京家政大学に学費減免や学生への支援を求める署名」署名発起人
・北海学園大学「北海学園大学新型コロナウイルス対策本部: 新型コロナウイルス感染症による、遠隔授業への移行を受けた学費減免と真摯に遠隔授業に取り組んでくれた教員への配慮を求めます。」署名発起人
・京都文教大学「京都文教大学に対し学費の減額等を求める署名活動(京都文教大学学生自治会)」署名発起人
・摂南大学「摂南大学の学費設備費等の一部返還・免除を求めます!」署名発起人
・東京学芸大学「東京学芸大学に授業料の返還と文部科学省に高等教育機関への予算措置を求める」署名発起人
・京都建築大学校「京都建築大学校の二級建築士講座の休講及び図書館各種施設閉鎖を伴い、学費減免、一部返還を求める署名活動を行います」署名発起人
・日本体育大学「日本体育大学 学費減額及び返還 要望」署名発起人
・聖徳大学「聖徳大学のオンライン授業化に伴う、希望する学生への無償のWi-Fiルータ・PCの貸出、または費用補助を求めます。」署名発起人
・研究の最前線に立つ大学院生の学費減免を求める会「研究の最前線に立つ大学院生の学費減免を」署名発起人
・福岡大学「福岡大学に対して学費の一律減免を求めます」署名発起人
・福岡大学「福岡大学に学生支援を求める署名運動」署名発起人
・中京大学「中京大学に学費減免を求める署名運動」署名発起人
・東京農工大学「東京農工大学に学生への経済的支援を求める署名運動」署名発起人
・帝京大学「新型コロナウイルスによる影響に対して大学に対して学生への一律の更なる支援を求めます!」署名発起人
「新型コロナウイルス感染拡大によって、近く起こるであろう “医療崩壊”を防ぐために 《医療系学生の学費減免》 を求めます」署名発起人
・清泉女子大学「清泉女子大学における新型コロナウイルスによるキャンパス入構禁止、オンライン授業への移行に対して学費減額を求める署名活動」署名発起人
・群馬大学有志
・亜細亜大学 学費減額署名発起人
・大妻女子大学 学費減額署名発起人
・弘前大学「弘前大学学生への経済支援を求める緊急署名」署名発起人
・東京工業大学有志
・千葉大学有志
・東京医科歯科大学有志
・一橋大学有志一同
・武蔵野美術大学有志

4/24 桃山学院大学、同志社大学、東京医科歯科大学、宮城学院女子大学の情報を更新しました。
4/25 法政大学、北海学園大学、東京家政大学、尚絅学院大学、帝京大学、京都文教大学、摂南大学の情報を更新しました。
4/28 東京学芸大学、京都建築大学、日本体育大学の情報を更新しました。京都建築大学校の情報を修正しました。また英語表記を追加しました。
4/29 聖徳大学、福岡大学、中京大学、研究の最前線に立つ大学院生の学費減免を求める会の情報を更新しました。
5/1 東京農工大学、帝京大学の情報を更新しました。
5/7 武蔵野美術大学の情報を更新しました。
5/8 清泉女子大学の情報を更新しました。

【署名の提出状況など】
4/29 本署名を立憲民主党・国民民主党・共産党らに提出いたしました。
4/30 本署名を文科副大臣に提出いたしました。

【メディア・報道】
4/29 NHKのニュースウォッチ9にて、本署名やZOOM会議が取りあげられました。4/30 朝日放送テレビ、NHKほか複数報道機関にて本署名の提出の様子などが報道されました。
5/1 日本記者クラブで会見を行いました。



今日:早紀さんがあなたを必要としています

久下 早紀さんは「安倍晋三内閣総理大臣: 国による一律学費半額と、大学などへの予算措置を求めます」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!早紀さんと19,078人の賛同者と一緒に賛同しましょう。