9月入学導入へ!Approach globalization to Japan; September admissions for all students! english↓

0 人が賛同しました。もう少しで 200 人に到達します!


コロナショックに陥っている今の日本に、学生たちの間では教育格差が生まれつつあります。国はこれをどう考えているのか。

現在、

①オンライン授業が始まっている学校 

②オンライン授業が予定されている・課題などが出ている学校 

⓷課題や授業が全く行われていない学校 

④その他 

があります。特に私は今年受験もあり、このままどうなるのか、そして今この時間学校や国から何も説明がない、対策がないまま予定通り受験となると生徒一人一人の教育の格差が生まれ、焦りを感じ、本来の力が発揮不可能だと考えます。地域格差、情報格差、推薦(AO)入試の有無、など、何も説明がないまま進んでいってしまっているのが私たち受験生にとっては一番不安です。

ここで日本には9月入学制度が重要になってくると考えます。

9月入学を導入した場合、アメリカや中国のようにグローバル化を果たせるのだけではなく、休校期間中の学習を焦らず初めからできるということになります。先生や生徒の負担や焦りは抑えられ、国としても格差が抑えられるでしょう。多くの資格試験などが中止や延期になっているいま、これまで必死に勉強してきた人々が資格試験を受けられない=大学に出願できない、という人も少なくはないだろう。

9月入学導入メリット

  1. 教育の遅れを取り戻せる
  2. 留学などをする場合、他国との水準を合わせることができる
  3. 国際化・グローバル化を果たせる

4月入学の場合、国はどう責任を取るのか?こういった責任を国は生徒一人一人に対して取れるのか?

このような責任を考えると、9月入学にした方がリーズナブルである。日本の9月入学の導入は今が最適のチャンスだと考えます。

賛同していただける方は是非署名をよろしくお願いします。

As the Japanese education system faces struggle in this covid pandemic, ideas have been brought up by many people in Japan. That is introducing September admissions to education in Japan.

Up until now, Japan's new grade started in April, ending in March. With the pandemic, many schools have struggled to maintain an environment where all schools will be offered education equally. One of the merits of admission in September is that because it is the same as the academic calendar in Europe and the United States, it makes it easier to study abroad (or from abroad), and makes Japan a more global place to learn, which is what many people were striving to achieve for a long time. 

Equal education clearly has NOT been given to students, as the country is struggling to have online classes for all the schools in Japan. There are countless students without internet environment at home, and many schools who have not started online classes, like me myself. 

With the huge educational disparity in Japan, I have thought that starting September admissions this year will lead to a great start in the educational system in Japan.