9月入学に対して私たちは反対します

9月入学に対して私たちは反対します

0 人が賛同しました。もう少しで 100 人に到達します!
100 の賛同で,このキャンペーンは ページ上のおすすめに表示される可能性が高くなります!
発信者:小島 七海 宛先:学生の皆さん

   はじめまして。今回は「9月入学に対する反対意見」を高校3年生の立場から述べさせていただきます。

   休校期間中だからこそ、私たち学生一人一人が自分から社会問題を気にかけて、自分なりの意見を持つことのできる時間と機会を持てるはずです。

   ぜひ他人事とせず、あなた自信ならどうしたいのかを改めて考えてみてください。この署名活動がそのきっかけになればと思います。

 

 

✎︎_________________


   現在、政府は9月入学案を肯定的に考え、早急に実行に移そうとしているように思われます。

 

 

ー 本当にそれでいいのでしょうか。ー

 

 

9月までに収束しなければどうなるのでしょうか。

第2波は絶対にないと科学的に証明し、断言できる時期であるのでしょうか。

 

 

早急な判断と、現実性の両方を追い求めなければならない今、9月入学案を議論しているべきではありません。オンライン授業体制の全国拡大が先決ではないでしょうか。

 

 

✎︎_________________

 

①学習機会について

   在宅期間中のオンライン授業の有無による学習機会の差が問題視されているが、授業を受けていない学生は従来の時期に受験が行われると信じて今も学習を続けている。

 


②受験の時期について

   オリンピックの開催時期に公共交通機関は満足に利用できるのか。地方の学生が泊まることのできる宿泊施設は空いているのか。

 


③平等性について

   今年度は従来の校内行事や、大会等の校外活動を満足に行えるのか。

→地方自治体または各学校による自己判断となることが予想される。全国の学生の学校活動の機会を平等にするための変更であるのに、これでは意味がない。

 

 

✎︎_________________

 

   影響力のある方々が9月入学に前向きな意見を述べている報道ばかりの世の中です。

メディアに影響されず、9月入学の利点や欠点を確実に認識した上で判断できているでしょうか。

   大学入試改革の様々な部分が学生の声によって変更された過去もあり、この混乱した状況で政府が政府だけで適切な判断をすることができるとは思えません。

 

 

また、9月入学への移行の作業によって、本当に必要な政策の立案、実行が滞ることを心配しています。

 

 

グローバル化などを理由とする声も多く見られますが、今考えなければならないことでしょうか。

何のために9月入学を推し進めているのですか。今の学生のためではないのですか。

 

 

✎︎_________________


もちろん、私たちの青春が失われてしまうことへの不満や悲しみはあります。

特に私たち最終学年の学生は、学生生活の“最後”がいつの間にか失われることになり、本当に悔しいです。

 

しかし今は感情で動くべきではありません。何が今の社会に大切なのでしょうか。

改めて考えてみてください。

 

 

 

拙い文章でしたが、ここまでご覧くださり、ありがとうございました。

皆さんのお考えも聞かせてください。

0 人が賛同しました。もう少しで 100 人に到達します!
100 の賛同で,このキャンペーンは ページ上のおすすめに表示される可能性が高くなります!