京都造形芸術大学の通信と通学部の両学部に、博物画コースを求めます。We want the Natural Science Art course for KUAD...

0 人が賛同しました。もう少しで 100 人に到達します!


私は、自然をこよなく愛する京都造形芸術大学の学生の和田 カブレラ 純と申します。

私は、根っからのフィールド主義かつ、物事は緊張感の中で勉強するタイプです。

できれば、その環境が保証できる学びから物事を多角的に捉えたい気持ちは、個人と自然の摂理の下の総括的な思いから、博物画コースを求めます。

フィールドワークとアートを融合しつつ、サイエンスをアートで表現することも重要なことだと考えます。

今の若者と社会の中で必要とされているSDGsの基準を、少しでも満たされる学問のコースを入れるのも今後の日本の芸術大学の使命ではないかと意見します。

今の若者の中で、芸術の分野に興味を持たせるには、他の学問である自然科学をアートを融合した表現を取り入れるのも、これからの令和の時代を作り上げることになります。

是非とも京都造形芸術大学にも、来年度ぐらいには、博物画コースを通信と通学部の両学部に設立することを求めます。

これにて失礼します。

和田 カブレラ 純