上智大学に学費一部減額・一部返金を求めます!新型コロナウイルスによる休講期間に関して

このキャンペーンは終了しました

上智大学に学費一部減額・一部返金を求めます!新型コロナウイルスによる休講期間に関して

1,099人の賛同者が集まりました

発信者:shimizu hana 宛先:学校法人上智学院

活動に興味を持っていただいてありがとうございます。この署名活動は文化的生活を求める誰しもに関わる話です。現在多くの学生は新型コロナウイルスによって通常通りの修学の機会が奪われています。この署名活動によって他の大学や学校機関にも授業料検討等の処置がなされる可能性があります。上智大学の関係者でない方も、学問の大切さ・豊かさを少しでも知っている方はご協力をお願いいたします。

アンケートフォームもご用意しております。どんな意見でもお聞かせください。匿名で結果は非公開の予定です。

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfQaIDUm-1owMsyR3HVDxOsk6zKL73hxFuFTrHzFhljDR0QFw/viewform?vc=0&c=0&w=1

【上智大学に授業料一部減額もしくは一部返還を求めます】

この署名活動は私たちが払う満額授業料は正当な価格であるのかという問題提起を目標としています。新型コロナウイルス禍における敵はウイルスです。決して上智大学への批判の意図はなく、不安定な状況に困惑する我々学生への対応をお願いするものです。

現在の状況: 上智大学では先の緊急事態宣言に伴って、5月6日まで上智大学各キャンパスへの入構は禁止されています。また新型コロナウイルス感染拡大による学生・職員の安全等を考慮し、通常より1ヶ月遅い5月25日からオンラインでの授業開始となります。来日済みの学生も含めて新規交換留学生、Non-Degree生、聴講生の受け入れは中止となります。

学生への影響: これにより我々学生は通常通りの勉強をすることも、大学施設を利用することもできません。例えば期待を胸に入学を決めた新入生はオリエンテーションすら受けられず右も左もわからない状況でただただ困惑するしかありません。卒論を控える新4年生は図書館利用ができないので資料集めにおいて大変厳しい状況です。誰しもが平等にアクセスできる紙媒体が無いことは相当のデメリットだと言わざるを得ません。研究施設利用不可に伴い、研究活動は当面中止とされているとの声もあります。上智大学の学費は学部によって100万円から150万円です。この値段である理由は様々にありますが、授業や施設利用の対価である面が大きいと考えています。そのサービスを受けることのできない現在の状況下で、学生側に毎年と同じ満額納入を求めることは理にかなっているとは言えません。

危惧される事態: オンライン授業では本来負担する必要のなかった通信料や機材費が発生します。学生はオンライン授業を受けるために、①1ヶ月あたり30-40Gの通信量のためのネットワーク環境、②端末を用意する必要があります。資料印刷に関する詳細は不明なので推測の域を出ませんが、各人でプリントアウトとなれば③プリンターもしくは印刷代も学生の負担となります。これでは当然経済状況などにより応じることのできない学生が出てきます。学びは平等であるべきです。さらにオンライン授業の弊害として、グループワーク等対面でできていた授業形態が行いにくくなります。大学には多様な人が集まる場であることにも意義があると考えております。入構制限とオンライン化、留学生・聴講生受け入れ停止により場としての性質は失われ、当然議論は不活発になるか、新しい構造へと変化してしまうでしょう。

求めるもの: 当初のサービスを受けられていないことと、授業を受けるために当初予定されていなかった別途の負担が発生するという理由により、全ての勉学に志す者に対して公平に、差額分の学費一部減額・一部返還等の措置を求めます。満額が変わらない場合は明確な理由説明・用途説明を求めます。開始から7日経った22日15:00時点で署名を確定・提出し、大学からの返信があり次第ご連絡をする所存です。それをもって私からの発信は停止します。今後この活動を文科省へ向けても請願したいというお誘いを受けましたので、そちらは確定し次第ご連絡いたします。最後に、新型コロナウイルス禍においては誰しもが協力すべきだと考えております。この署名活動に賛同していただける方々及び我々学生の安全を考慮し早い段階から休講措置をとって下さった学校法人上智学院のご対応には感謝しております。その上で、修学の機会を失い、不安定な状況下に置かれた学生に向けての誠実なご対応をお願いしたいと思います。皆様の安全を願って。

4月18日 15:00 加筆修正済み

このキャンペーンは終了しました

1,099人の賛同者が集まりました