これ以上学校内で娘のような被害者を出さないために

0 人が賛同しました。もう少しで 100 人に到達します!


三か月前、 大阪府下の支援学校の、通学バス内で小4の娘が高1男児より強制わいせつ致傷にあいました。

事件以降、学校内で加害者に合うかもしれないなどの恐怖から、急性ストレス反応になり学校に行くことができません。

家でもいつ加害者が家に来るのではとの恐怖から親の付き添いが要必要と心療内科から診断をうけました。

が、母子家庭の我が家からすれば収入減がなくなってしまい貧困した毎日を過ごしています。

本来子供に寄り添うべき学校側も、娘への配慮はなく、加害児童も大事な生徒だからという理由で、カウンセリングを数回受けただけで学校に登校させたり、先生の手がないという理由で、作業所に通わせています。

 

この問題が改善できない限り、義務教育を受けるべき娘は、学校に通うことができません。バス会社からは、未だに説明も謝罪もありません。

母親の本来もらえるはずの就労賃金に関しても保証なしでは娘に寄り添うこともできません

娘の状態を考えると、バス会社を変えたり、加害者が学校から居なくならない限り通学は難しいと、言われています。

弁護士を立て、教育委員会や学校側に改善を求めてきましたが不調に終わっています

どうか私たち家族が、娘が以前の学校生活を取り戻せるまでの間心やすらかに過ごせるように学校改善にご協力お願いします



今日:和歌子さんがあなたを信じています

中田 和歌子さんは「学校内: これ以上学校内で娘のような被害者を出さないために」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!和歌子さんと47人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。