Confirmed victory
Petitioning 内閣官房長官 内閣官房長官 菅義偉 and 1 other

子どもを5,000円で育てられますか?貧困で苦しむひとり親の低すぎる給付を増額してください!

English will follow.     
児童扶養手当(じどうふようてあて)とは、ひとり親家庭などの児童のために、国から支給される手当です。 

 この児童扶養手当は、ひとり親たちにとって命綱です。というのも、ひとり親家庭の多くは、母子家庭(母子家庭123.8万世帯、父子家庭22.3万世帯)ですが、すさまじい貧困に苦しんでいるためです。 

 日本の母子家庭の就労率は約81%で世界でもトップクラスですが、正職員の率は39%しかなく、パート、アルバイト等非正規雇用が47%です。パートの仕事を2つも3つも掛け持ちをしても収入は少なく、平均年間就労収入は181万円しかありません。父子家庭も子育てのために残業や休日出勤が難しいため、やむを得ず非正規や派遣になるなど生活が安定しづらい状況です。その結果、日本のひとり親家庭の子どもの貧困率は54.6%と、先進国で最悪です。

 このように苦しいひとり親家庭の生活を安定させるために児童扶養手当があります。児童扶養手当は扶養している1人目の子どもには、所得の制限はありますが、最高月額42,000円が出ます。しかし、2人目には、どんなに所得が少なくても月額5000円、さらに3人目以降は、月額3,000円しか出ません。

 月5000円、3000円では、子ども1人の1ヶ月の食費にすら到底足りません。例えば3人目以降は、1日約100円にしかなりません。中学や高校生の食べ盛りの子どもに、1日100円で何を食べさせればいいのでしょう?


 そしてひとり親の貧困は、子どもの教育機会を奪い、子どももまた貧困となっていく負の連鎖を生み出します。

 こうした状況を打開するために、現在2人目月額5000円、3人目以降3,000円の児童扶養手当の加算額を、せめて1万円に増額していただくことを、政府に要望したいと思います。

 子どもの貧困対策大綱にある「全ての子供たちが夢と希望を持って成長していける社会」を実現する第一歩として、みなさん、どうか力を貸して下さい!

=================

キャンペーン特設HP
ひとり親を救え!プロジェクト
有志からのメッセージや図解があります

=================

ひとり親の児童扶養手当の複数子加算増額を求める有志一同

青野 慶久        サイボウズ株式会社 代表取締役社長
赤石千衣子        NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむ  理事長
安藤和津                  エッセイスト、コメンテーター
阿部彩             首都大学東京 教授
安藤哲也                 NPO法人タイガーマスク基金 代表理事
石川和男                 NPO法人社会保障経済研究所 代表
岩切準                     NPO法人夢職人 理事長
今井悠介                 公益社団法人Chance for Children 代表理事
大崎麻子                 関西学院大学客員教授
大橋雄介                 NPO動法人アスイク 代表理事
小河光治                 一般財団法人あすのば 代表理事
小黒一正                 法政大学 経済学部 教授
乙武洋匡                 作家
紀里谷和明             映画監督
工藤啓                    認定NPO法人育て上げネット 理事長
高 亜希                   NPO法人ノーベル 代表
小林りん                インターナショナルスクール・オブ・アジア軽井沢
                               代表理事
駒崎弘樹                認定NPO法人フローレンス 代表理事
小室淑恵                株式会社ワーク・ライフ・バランス 代表取締役社長
小山訓久                特定非営利活動法人リトルワンズ 代表理事
佐々木俊尚            ジャーナリスト
沢口靖子                女優
紫舟                       書家
治部れんげ            ジャーナリスト、
                              昭和女子大学現代ビジネス研究所研究員
白河桃子              少子化ジャーナリスト 相模女子大客員教授
新川てるえ          特定非営利活動法人M-STEP 理事長
瀬尾傑                  現代ビジネス編集長
膳場貴子              ニュースキャスター
宋美玄                  産婦人科医
高取しづか          NPO法人JAMネットワーク
高橋陽子              公益社団法人日本フィランソロピー協会理事長
堤香苗                  株式会社キャリア・マム 代表取締役社長
田原総一朗          ジャーナリスト
津田大介              ジャーナリスト    メディア・アクティビスト
                            「ポリタス」編集長
中室牧子              教育経済学者/慶応義塾大学総合政策学部准教授
能島祐介              NPO法人ブレーンヒューマニティ
林恵子                  認定NPO法人ブリッジフォースマイル
古市憲寿              社会学者
堀潤                      ジャーナリスト・NPO法人8bit news 代表
堀義人                  グロービス経営大学院大学学長

Charles E. McJilton  セカンドハーベスト・ジャパン 
                             公益財団法人セカンドハーベスト・ジャパンアラインス
松田悠介              認定NPO法人Teach For Japan 代表理事
村井琢哉              NPO法人山科醍醐こどものひろば 理事長
村上吉宣             全国父子家庭支援ネットワーク 代表理事
森絵都                 作家
森山誉恵              NPO法人3keys 代表理事
門馬優                  NPO法人TEDIC 代表理事
安田菜津紀         フォトジャーナリスト
山本繁                  NPO法人NEWVERY 理事長
山屋理恵     NPO法人インクルいわて 理事長
湯澤直美              立教大学 教授
渡辺由美子          NPO法人キッズドア 理事長
和間久美恵          合同会社 西友 企業コミュニケーション部 
                            バイス・プレジデント
(50音順)

賛同団体

おてらおやつクラブ

 

We’ve been engaged in a petition drive to demand an increase, by ¥10,000, in the Child Support Allowance—known as “Jido fuyo teate”--for the second and subsequent children. The collected signatures will be handed to the Chief Cabinet Secretory, Mr. Yoshihide Suga.

 Japan is the third largest economic power. However, due to an unstable economy, poverty has been spreading and many children are affected. Now, one in six Japanese children are in poverty. Single-parent families are in an especially severe situation, with 54.6 percent of them in poverty. This rate is the worst among developed nations. 

 Reading this, you might wonder if Japanese single parents are less likely to work. In fact, 80 percent of single parents are single mothers and, of them, 81 percent are employed. This is the highest rate of employment for single mothers in the world. But, because there are an insufficient number of day care centers to care for their children, and the centers that are available are expensive and have limited operating hours, many mothers who have small children cannot work enough to make ends meet. Nearly half of single mothers work part time or in irregular employment and their average annual income is just $14,986. Single mothers who are in this sort of situation often have two or more part-time jobs to earn enough money to live and their lives are so busy they may not have enough time to take care of their children. Another problem they face is the difficulty of ever getting full-time regular employment after years of working in irregular employment or as part time workers. So, even after their children grow up, and they have more time to work, they may not be able to change their career easily and escape from poverty.

 How about the situation for single fathers? The percentage of single fathers who have regular employment is higher than for single mothers and their average income is also superior. However, fathers who do not have support from their family or friends cannot do overtime work and they may choose to do poorly paid irregular work in order to spend time with their children.

 To support single parent families in poverty, the Japanese government provides the Child Support Allowance. For the first child, about $342 per month is provided, but for the second child, the allowance decreases to about $41, and for the third and subsequent children only about $25 is offered. To make matters worse, not every single parent can get this amount. The allowance depends on their annual income and only people who earn less than about $10,803 annually can receive the full allocation (If one’s annual income is about $16,620, the allowance for the first child drops to about $249, and when one’s annual income reaches $30,331, the allowance falls to $82.). This cannot be considered sufficient support for living in Japan, where everything is expensive. [US dollar amounts calculated at ¥120 to US$1]

 The poverty of parents affects the education and future of children. Some children living in these circumstances not only cannot enter university but high school as well. We strongly believe that the future of children should not be limited because of the poverty of their parents. To help children in these kinds of financially difficult situations have a more stable life, and to allow parents to spend more time with their children, we strongly encourage the government to increase the Child Support Allowance. For that reason, we are conducting this petition drive. Your support and cooperation are highly appreciated. Thank you.

This petition was delivered to:
  • 内閣官房長官
    内閣官房長官 菅義偉
  • 菅義偉 官房長官


    ひとり親を救え!プロジェクト started this petition with a single signature, and won with 38,948 supporters. Start a petition to change something you care about.




    This cause needs your help. Every signature counts!