子どものコロナワクチン接種について、 法を重んじ、科学的な考察を:教育の内容が接種の有無により区別される、といった不法かつ非科学的な行為をなくすため、皆様のご協力をお願いします

子どものコロナワクチン接種について、 法を重んじ、科学的な考察を:教育の内容が接種の有無により区別される、といった不法かつ非科学的な行為をなくすため、皆様のご協力をお願いします

0 人が賛同しました。もう少しで 1,500 人に到達します!
1,500 の賛同で,このキャンペーンが メディアに取り上げられる可能性が高まります!

発信者:Think Vaccine 宛先:教育者

誰のために、何のために、打つのか

ウイルスが子どもに与える影響、接種の意義、人権、子どもを守る大人の役割などについて、以下の文書に意義があるとお感じの方のご署名をお願い申し上げます。(文書の要旨をお知りになりたい方は、このページの下部にある【文書の要旨】をご覧ください。)

新型コロナワクチン接種と子どもの権利に関する見解および提案 ☝クリック

この文書は、2021年12月現在で得られているエビデンスを基に、国内外の医療関係者や法律家等の助言を得て、Think Vaccine(任意団体、ウェブサイトThink Vaccine(thinkvaccine.info)を運営)が作成しました。文書に関するより詳しい情報が、thinkvaccine.info/petition/に掲載されています。この文書を基に、必要であれば、今後、例えば5~11歳への接種開始と同時期に、専門家・有識者の協力を得て、意見表明および提案を行う場を設けたいと考えています。その際、ご賛同者がいらっしゃること(ご賛同者の人数など(個人情報を開示することはありません))やご賛同者のコメントを紹介させていただければ幸いです。

新型コロナワクチンの有効性や効能については様々な見解があります。また、今後のウイルスにおける変化やワクチンに関するデータの蓄積により、見解は変化してゆく可能性があります。一方、コロナ禍でも子どもには健康・健全に成長して欲しい、子どもを守りたいという思い、あるいは大人に適切な判断をして欲しいとの思いは、普遍かつ不変であり、多くの方が共有できるのではないでしょうか。その思いを共有し、子ども達にとって必要なもの、子ども達にとって良い方策を、科学と法に則り皆様と共に考えてゆくきっかけが生まれれば、幸いです。

この署名活動に意義があるとお考えの場合、ご無理のない範囲で、活動を他の方にもご紹介下さると幸いです。

(同じ趣旨の署名活動をVoiceのシステムでも展開しています。Change.org(本サイト)あるいはVoiceのいずれかでご署名をお願いいたします。二重のご署名が生じた場合、お一人のご署名に統合いたします。Change.orgの方が拡散に適し、Voiceの方が操作が簡単な面があります。Voiceでは寄附ができます。)

主催:Think Vaccine
連絡先
電子メール:thinkvaccine@gmail.com
電話:090-9897-1248

【注意事項】
①ご署名なさった後、ご署名時に登録なさったメールアカウントにメールが届きます。このメールは、署名を認証するためのものです。メールの案内に沿って認証の処理をすることにより、ご署名が確定します。

②上記①に沿ってご署名を確定なさると、本活動が掲載されたページに移行します。そのページの下部にコメントを残す欄があります。コメントを下さる場合は、この欄をお使い下さい。

③署名を済ませると、署名活動を金銭的に支援する案内のページが表示されます。ここでいう支援とは、金額を自由に設定して支援することにより本活動の広告がChange orgのサイト上で、所定回数表示される仕組みですが、任意であり、無視なさって構いません。無視して次のページに進むためには、表示されたページの下部までスクロールなさり、支援をせずに次のページへ進むためのアイコンをクリックなさって下さい。なお、広告表示のためご支援下さった場合でも、運営者(Think Vaccine)に金銭的なインセンティブが発生することはありません。詳細については、https://help.change.org/s/article/Promoted-Petitions-FAQs?language=jaをご覧ください。 

【文書の要旨】
・日本での感染は、主に大人の社会から子どもの社会へ拡がっている。重要なのは大人が子どもを守ることであり、子どもに大人を守ってもらうことではないはず。
・日本の子どもにおけるウイルスのリスク(あるいは、接種の意義)は、日本の0~18歳のデータに基づき検討すべき。日本の何倍~何十倍もリスクが高い国のデータは、参考とすべきだが、それに依存すべきでない。
・感染力の強い変異株に対して、接種により感染を抑制できるというエビデンスが乏しい。感染抑制に対し接種は諸刃の剣である。接種に社会的な意義を与えることが妥当とは言えない。
・教育現場などにおいて、接種者と非接種者を区別する医学的・科学的根拠はない。
・接種の有無による区別は、日本国憲法や国連の子どもの権利条約に反する、不法な行為、あるいは恣意的な行為となり得る。

ご署名下さる際は、ページの上方に戻り、お名前などをご記入になった上で、「今すぐ賛同」のボタンを押して下さい。

0 人が賛同しました。もう少しで 1,500 人に到達します!
1,500 の賛同で,このキャンペーンが メディアに取り上げられる可能性が高まります!