登美ケ丘高校を存続させて下さい

0 人が賛同しました。もう少しで 500 人に到達します!


奈良県立登美ケ丘高校は、昭和62年に開校し、30年を越える歴史を刻み、伝統を築いてきました。

開校以来、文武両道を掲げ、進学実績も一層高まり、部活動においても、全国大会・近畿大会に出場する部活動が複数あります。また、地域との交流・つながりも大切にし、ボランティア活動や秋風のコンサートなども行ってきました。今となっては、地域に非常に愛される学校となりました。

登美ケ丘高校を「母校」と呼ぶ方々、その保護者の方々、歴代の校長先生をはじめとした教職員の方々によって刻まれてきた30年という時間は本当に尊いものであります。  

その登美ケ丘高校が、この度、奈良県教育委員会が策定された県立高等学校適正化実施計画において「閉校」とされた事に私たちは非常に驚きと悲しみに暮れております。

つきましては、この度策定されました、適正化実施計画を撤回し、登美ケ丘高校を存続いただきますよう、強く要望いたします。

奈良県立登美ケ丘高校の存続を求める会                                   



今日:の存続を求める会さんがあなたを信じています

奈良県立登美ケ丘高校 の存続を求める会さんは「奈良県知事 荒井正吾 様: 登美ケ丘高校を存続させて下さい」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!の存続を求める会さんと215人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。