公務出張に夜な夜な「風俗嬢」を呼んだ並河健天理市長の即時退任を求める!

0 人が賛同しました。もう少しで 500 人に到達します!


並河天理市長は、(「週刊新潮」発売日の8月31日の記事に対する)記者会見を行い、公務出張時に「風俗嬢」を呼んだ事を認めた。「市民や市職員、家族の信頼を傷つける行動をとってしまったと深く反省している」と謝罪しつつも「合法」だというが、男女共同参画社会の実現を推進する地方自治体の首長には、性差別を撤廃する政策実施責務があり、性売買を対象とする行為に積極的に関与することは 職務上許されることではない 「男性の性欲はコントロールのきかないもの」という考えが、そうではない男性たちの名誉をも傷つけ、DVや性暴力を根絶できない社会を作っている。並河市長には任期満了まで居座ることも、無投票での再選も許すことはできない。市長の座を即時に辞することを求める。



今日:並河健天理市長の即時退任を求める市民団体さんがあなたを信じています

並河健天理市長の即時退任を求める市民団体さんは「天理市長: 公務出張に夜な夜な「風俗嬢」を呼んだ並河健天理市長の即時退任を求める!」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!並河健天理市長の即時退任を求める市民団体さんと264人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。