キャンペーン成功!

大阪薬科大学費減額運動

378人の賛同者により、成功へ導かれました!


ご覧頂きありがとうございます。

【署名方法】

「今すぐ賛同」をクリックしてから下記のように記入お願い致します。

・在学生の方

1.名字→学籍番号 (例.10708)

2.名前→フルネーム (例.大薬 花子)

3.メールアドレス→大学のGoogleアドレス(e学籍番号@gap.oups.ac.jp)

この様に入力して下さい。

・在学生以外の方

名字、名前、メールアドレスを普通に入力して下さい。

*卒業生の方は名前の横に(卒業生)と記載していただけると助かります。

また、入力が完了いたしますと(1000円でこの活動を支援する)等の案内が出ますがそちらは無視で結構です。

賛同が完了されますと、ご登録いただいたメールアドレスに一通のメールが届きますのでそちらの方の認証だけよろしくお願いします。

皆様1人1人の署名が明るい未来に繋がるかもしれません。

たとえ減額が叶わなかったとしても、私達が納める金額は増減しません。

ですが、声を上げれば、もしかすると減額要請が叶うかもしれません。

失う物は何もありません。大阪薬科大学に通われる学生の皆さん、声を上げてみませんか?

既に大学との連携は取れています。

・我々は大学と争うつもりは無く、あくまでお互いの納得のいく着地点を目指す。

・署名にあたり大学に提出した個人情報(学籍番号、氏名等)を大学側はいかなる理由があっても本署名活動以外の目的には使用しない。

この2つを条件を元に、今回大学の許可の元この活動をさせていただきます。

ですので、大学に目を付けられたらどうしようと思わている方、安心してください。

【以下代表挨拶及び企画詳細】

初めまして。私は大阪薬科大学4年生の田中 悠茉(タナカ ユウマ)と申します。

この度はご覧頂きありがとうございます。

私たちが在席する大阪薬科大学は半年に1度約90万円程の学費が必要になります。

その内訳は

授業料60万円 施設利用料30万円

となっております。

我々が今回要求するのはこの内、施設利用料の減額です。

5月11日からオンライン講義が始まるとの事で。

・直接教員に質問する事が出来ない。

・オンライン講義で普段の講義と同様またはそれ以上の質の講義を提供できるのか

等様々な疑問がございますが、

・大学側もオンライン講義開始に伴う環境整備費が伴う。

・学生は時間の縛り無しにいつでも視聴可能

・わからなかった所を繰り返し視聴出来る

これらの事を考慮すると、今回は授業料に関しての減額を求めるのは妥当では無いとの判断に至ったため、授業料については特に求めません。

対して施設利用料につきましては、

・3月前半より、本学への立ち入りが禁止されている(2020年4月28日現在、5月24日まで立ち入り不可)

・それに伴い、研究活動、部活(サークル活動含む)、図書館の利用等が出来ない状況にある。

そのような状況の中で、例年通り施設利用料を納めたとして、私達がそれに見合う正当なサービス、恩恵を享受出来るとは思えません。

施設を維持するためには固定費が必要であり、施設利用料全額返金は妥当では無いと考えております。

しかし、学生が大学に立ち寄れない今、本来かかるはずだった電気代、空調代、水道代等の代金はかからないはずです。

そのお金、どこに行くんでしょうか。

最低限施設を維持するのに必要な金額以上の金額を、今現在全く施設を利用することの出来ない 学生が払う必要があるのでしょうか。

大学施設を利用できない上に生活の負担を二重に抱える下宿生や、急な家庭状況の変化で経済的に困窮している学生などもいる中で、施設使用料を例年通り請求するのは問題があると考えます。

昨今の新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、全国のあらゆる機関が混乱している状態です。

我々の大学も例外では無いでしょう。

非常事態に対する策を模索中だと思いますが、既に他の大学では学生全員に5万円の支給や、施設設備費、授業料の一部返還をする動きも出てきています。

通常とは違う形での授業形態で、教員の方や学生双方に不便なことが多くあります。

そんな中、通常通りの施設利用料を学生が負担するのは問題があると思い、今回署名活動を始めさせていただきました。

上にも述べたように、急な家庭の経済状況の変化により、生活の危機に直面している学生も多くいます。

そのような学生にとって利用できない施設の設備費ほど彼らを苦しめるものはありません。

大学の職員の皆様や教員の皆様が我々のために精一杯苦労されているのは重々承知しています。

ですが、我々学生にもまた、施設使用料費の一部の返還を要求する正当な理由があります。

よって、我々大阪薬科大学在学性は、大阪薬科大学に、施設使用料の一部減額を求めます。

大阪薬科大学在学生の方、または教育機関に関わる方だけでなく、大学側の真摯な対応を求める方は、ご署名をお願いいたします。

 



今日:大阪薬科大学学費減額運動さんがあなたを必要としています

大阪薬科大学学費減額運動さんは「大阪薬科大学: 学費減額を求める署名運動」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!大阪薬科大学学費減額運動さんと377人の賛同者と一緒に賛同しましょう。