キャンペーン成功!

中原徹教育長の辞任を強く求めます

1,969人の賛同者により、成功へ導かれました!


本日の産経新聞ニュースで大阪教育委員会の中原徹教育長について、下記のことが報じられています。

橋下氏の〝盟友〟大阪府の中原教育長が辞任示唆 女性教育委員へパワハラ発言「罷免要求出す」

大阪府議会に府が提案した認定こども園改正条例案をめぐり、29日の教育委員会議で、女性の教育委員が中原徹教育長にパワハラを受けたと明らかにした。中原教育長は同日の記者会見で「不快な思いをさせ、反省している。自分に(教育長としての)資格があるのか一晩考えたい」と述べ、辞任を示唆した。女性教育委員によると、府が新規参入を促すことを目的に、3歳児学級の定員を従来の25人から35人に引き上げる改正条例案を提出した後の今月21日、府庁の会議室で中原教育長に「委員である前に3歳児の母親の立場として、より少人数が理想だと思っている。嘘は言えない」と意見を述べたところ、中原教育長が「単に目立ちたいだけでしょ」「誰のおかげで教育委員でいられるのか。知事でしょ」「罷免要求出しますよ」などと発言したという。

 幼稚園と保育園の機能を併せ持つ認定こども園の3歳児学級について、府は9月定例議会で定員の上限を従来の25人から35人に引き上げる条例改正案を提案していたが、府議会委員会などで反対意見が相次ぎ、自民党などが上限を25人に維持するよう要求。結局、府は改正案を取り下げ、新たに上限を25人とする修正案を提案し、28日未明の本会議で可決された。

 

 

 

子供を持つ母親の立場で少人数の学級を提案するのは全くおかしなことではないし、教育委員の立場として民主主義にもとづいて委員の意見を聞くのは当然のことではないでしょうか。

このようなパワハラで委員の意見を潰し、自分たちの思うように学校教育現場を支配しようとする中原教育長の態度は教育委員としての資質を著しく欠くものと思います。

 

直ちに教育委員の職を辞していただくことを強く求めたいと思います。



今日:Takayoshiさんがあなたを信じています

Furutani Takayoshiさんは「大阪府教育委員会 ご担当者: 中原徹教育長の辞任を強く求めます」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!Takayoshiさんと1,968人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。