大阪府堺市「いたすけ古墳」を世界文化遺産登録のための森林伐採から守りましょう。

0 人が賛同しました。もう少しで 200 人に到達します!


百舌鳥古墳群・古市古墳群の世界文化遺産推薦に当たり、いたすけ古墳の森林が伐採されようとしています。墳丘の形を正確に分からせるためらしいのですが、伐採された森林は戻りません。はげ山になってしまった古墳は、たくさんあります。藤ノ木古墳、マルコ山古墳、高松塚古墳、心合寺山古墳、金山古墳、鍋塚古墳、池田茶臼山古墳、ナガレ山古墳等です。これらは整備ではなく破壊と考えます。タヌキのためにも森林伐採は止めさせるべきだと思います。森林伐採すると古墳の風情が無くなり、逆にイコモスの印象が悪くなると考えます。世界文化遺産登録の要件は、「顕著な普遍的価値」です。そのためにも、過去から畏敬の念を持って守って来た古墳の墳丘の姿を、そのままの形で残すのが、真の意味での「顕著な普遍的価値」の保存であると考えます。

1955年に堺市民の住民運動でいたすけ古墳が保存された歴史も文化遺産の一部であると思います。今、残っている工事用の橋は、過去の過ちの未来への教訓として敢えて残していると聞きました。この未来への継承こそ文化遺産にふさわしいと思います。

今回、世界文化遺産ですから、住民の生活まで含めての文化遺産であると思います。住民の立ち退きを強いたり、お寺の立ち退きを強いることは、世界文化遺産の「顕著な普遍的価値」に逆行する行為ではないでしょうか。100年後、いや1000年後にの我々の子孫の代からも尊敬されるような古墳の保存でなければならないと思います。

2017年8月10日 河合 徹

■産経新聞記事
http://www.sankei.com/smp/west/news/170809/wst1708090062-s1.htm

■いたすけ古墳ーWikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%9F%E3%81%99%E3%81%91%E5%8F%A4%E5%A2%B3

■NHK 新日本風土記 堺
http://www2.nhk.or.jp/archives/michi/cgi/detail.cgi?dasID=D0004990845_00000

■NHK 解説アーカイブス 「市民が守った古墳 世界遺産への道」(視点・論点)
http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/400/290578.html

■宮川徏さんの記事
https://mainichi.jp/articles/20190514/ddf/041/040/013000c
https://matono.exblog.jp/23644296/
https://www.youtube.com/watch?v=3Gbr6vXQygA
https://news.headlines.auone.jp/stories/domestic/social/12368895?genreid=4&subgenreid=12&articleid=12368895&cpid=10130008
https://mainichi.jp/articles/20190105/ddl/k27/040/184000c