猫に生まれた事を後悔させない

0 人が賛同しました。もう少しで 100 人に到達します!

中岡 克典
中岡 克典さんが賛同しました

この のらにゃんの声が貴方にはどう聞こえますか?
皆さまのご意見を頂き、追加編集し進化完成とします。
私は何の変哲も無い 小さなYahooブロガーです
行政で「元栓を閉めてもらわなければ」! あちらこちらから 
不幸な猫が後を絶ちません
私は犬猫殺す為に税金や市民税を払ってるんやない!
TNR活動の不妊手術等の助成金は、市によって大きく違い
ほとんどの「少人数のねこ愛護活動家さん」は持ち出し実費になっております。
助成金は申請により不妊手術・ワクチン費用を
個人立て替えせずに、市から直接病院代を出す仕組みにする。
大阪府池田市では、TNR活動ご支援の地域猫不妊手術専門病院
「のらねこさんの手術室」という素晴らしい病院があり 
このような病院に、助成金を出し増やし
のらちゃん不妊手術を無料で行えるようにする。
     生体売り買いの蛇口を閉める活動
①譲渡会を国の指導で広報し、ボランティア活動が無料になる様に助成金を出す。
但し、猫の里親になる方は、ワクチン代などの費用は実費負担。
②マイニァンバー制導入、マイクロチップ埋め込み法令化も検討。
今の のらちゃんには
①飼い犬猫を捨てる人に、罰則・罰金を実地する監視体制。
公園等に防犯カメラを増設し、看守者ボランティアの巡回強化し実施する。
②ボランティア活動の持ち出し金をなくす。
保護した犬猫は、譲渡会で里親さんが見つかるまで、医療費など行政から助成金を出す。
③さくらねこに固体識別を作り、何頭いるか把握できる、地域ネコ写真入り台帳を製作し、街ぐるみで管理運営するため助成金を出す。
     殺処分施設を廃止し 保護シェルターに変更

上記を踏まえて
    陳情書原案

大阪市会議長様
大阪市「所有者不明 猫適正管理推進事業」実施要領
(基本的な考え)
第4 3に不妊去勢手術の実施により、地域での所有者不明猫の減少及びその維持を目指し取り組むべき。
と有りますが、現実はボランティア活動に費用が掛かり続けられない。
陳情趣旨
犬猫の生体販売店の売れ残り殺処分を無くし、保護譲渡するための施設に変更する。
ボランティアに費用が掛からなくしなければ、善意の行為が続けられない。
所有者不明猫の減少と、その維持を目指し取り組むため、全てのTNR・譲渡会・保護時の持ち出し費用をなくす。
陳情項目
大阪市役所内に、犬猫生体販売店の調査機関を新設し、衛生・健康面等、動物愛護に違反して居ないかを、調査及び指導違反している 販売店認可の取り消しを行なう。

ボランティア持ち出し費用をなくし、殺処分施設を廃止し保護シェルターに変更する。
1、大阪市役所内に、犬猫譲渡会の部署を作り、現在の犬猫生体販売店を大阪市譲渡会支部と向かえ入れ、速やかに生体販売店から譲渡会支部へと変更を誘う。
2、大阪市役所内 犬猫譲渡会部署は、各支部を管理し譲渡会の広報を、大阪市営地下鉄の中吊り広告やホをームページに載せ大々的に行ない、大阪市全規模の犬猫譲渡会を、毎月11日犬譲渡会 22日猫譲渡会を行なう。
3、公園等に防犯カメラを増設及び看板で、犬猫を捨てる事は犯罪と啓発看守者とボランティアで連携を取り巡回強化し実施し、警察に通報し飼い猫を捨てる人に、罰則・罰金を実施出来て予防になる監視体制を作る。
4、TNR受付病院は全て街ねこ持ち込み時、不妊去勢手術・ワクチン等を全て無料にする。 
病院から市へ申請して、市から病院費を助成金で出す。
5、譲渡会の会場・交通費・運搬費等の必要経費に助成金を出す。
6、一律1犬猫保護譲渡会迄預かり時(里親が決まるまで)月3000円を助成金で出す。
7、保健所は殺処分場所をなくし、保護譲渡施設に変更する。

2019年  月   日
陳情代表者
住所 大阪市
代表者名 中岡克典