コロナ検査の拡大、地域医療の拡充を!

0 人が賛同しました。もう少しで 100 人に到達します!


PCR検査拡大をはじめとして市民の命と生活をまもる第2次緊急署名

【 趣 旨 】

 新型コロナウイルス感染症は、全国的に感染が再拡大しています。その中で、国は「感染拡大防止と社会経済活動の両立」を打ち出しており、これを実行するためにはPCR検査をはじめとしたコロナ検査の徹底と適切な隔離と治療、そして医療体制の拡大が必要です。ついては、市民の新型コロナウイルス感染症への不安にこたえ、必要な社会経済活動を市民に保障するため、大津市長として国の指示まちでなく、今こそ自治体の主体性を発揮して以下の事項を緊急に実現して頂くよう求めます。

 

【 要 求 事 項 】

1.PCR検査をはじめとしたコロナ検査拡大のために緊急に次の措置を講じること。

①設置した検査スポットは、公費による完全無料の検査とし、検査基準を少なくとも発熱したら直ちに検査を受けられようにするなど、必要な人すべてに検査を行なうこと。

②上記に対応する検査検体数の大幅な増加を図ること。

③社会的要請により接触を避けることが困難な職種(医療、介護施設、保育施設等福祉施設、学校等)の従事者については定期的に全員検査を行なうこと。

④危険な業務に従事する医療検査スタッフへの特別手当を支給すること。

2.感染症対策上、病床確保や感染症病棟の充実は大きな課題であることから、大津市民病院の整備拡充を図ること。また、地域の感染症対策のため公衆衛生の担い手である保健師の増員を緊急にはかること。

3.新型コロナウイルス感染症問題での解雇、休業、大幅な減収などを余儀なくさせられた者に対し、正規雇用や非正規雇用、自営などを問わず、市民の生活を守るための補償などの独自措置を講ずること。また、大津市内の業者に対し、必要な融資や助成を無担保無利子で行なうなどの支援策を講じ、ただちにかつ簡易な手続で受給できるようにすること。

4.学童保育所について、感染リスクを低減するため、平時より学校の教室の学童保育への開放などより広い空間の確保や学童指導員の緊急増員などで必要とする子どもたちが安心して利用できるための緊急の整備を行うこと。

5.市内の全ての保育所、学童保育所介護施設及び介護施設などへ感染リスク低減のためのマスク、消毒液など感染予防用品を確保し配布すること。

 

〈皆様へ〉

私たち「平和と市民自治のまち大津をともにつくる会」は滋賀県大津市で活動する団体です。大津市長あての署名に取り組んでいますが、大津市以外にお住いの皆様にもご協力をお願いします。コロナ危機の中、国の責任とともに、市民の命と生活を守る地方自治体の政策が全国的に問われていると考えるからです。

なお、紙ベースでの署名や会の取組は、Webサイトをご参照ください。

平和と市民自治のまち大津をともにつくる会