【大妻女子大学】学費・施設利用費の削減を求めます!

0 人が賛同しました。もう少しで 1,000 人に到達します!


 

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大による外出自粛及び緊急事態宣言に伴い、現在、多くの大学は休講中で大学に立ち入ることができません。大妻女子大学ではすでにオンライン授業が行われることが決定しています。(現時点では6月3日まで)

私たち学生は、大学に行って学ぶことができないため、このような状況の中で補助金が出ず、学費を満額収めなければいけないということに疑問を感じます。

 例えば、図書館の利用が難しいことにより、講義の予習復習、成績に直結する課題への影響は計り知れず、不安を感じている学生が多くいます。さらに、施設が使えないことや、事務室等の開室時間短縮などが、大学の運営費や施設管理費を大きく抑えているのではないかとも考えられます。

しかし、設備を利用することができないにも関わらず、私たちは設備費を含む学費の負担について、大学側は学費減額の対応は示していません。

 

以上の問題により、私たち大妻女子大学学生、保護者及び関係者は大妻女子大学に学費の減額を求めます。