STOP!市民不在のゴミ減量化政策!(ゴミ袋有料化は少し待って!市民の声を聞いて!)

STOP!市民不在のゴミ減量化政策!(ゴミ袋有料化は少し待って!市民の声を聞いて!)

0 人が賛同しました。もう少しで 200 人に到達します!
200 の賛同で,このキャンペーンは ページ上のおすすめに表示される可能性が高くなります!
発信者:大垣市のゴミ問題を考える会 宛先:大垣市長

昨年の12月議会で「ごみシールを廃止してごみ袋を1枚30~50円に有料化すれば家庭ごみを8%削減できる」と突然、提案してきた岐阜県大垣市。この提案を各市議にも議会開始30分前に配った書面で知らせるのみで、市民に丁寧に説明するとしながらも、今まで何も知らせようともしない、ましてや議論し市民の声を聞くこともなく、今度の3月議会で拙速に決定しようとしています。

私たちは、このままでは市民の家計負担を増やすばかりか、今後ごみの不法投棄までも増える恐れのある、この条例決定を中止もしくは延期して欲しいと訴えています!もっと時間をかけて市民への丁寧な説明と一緒になって問題解決していく市政への転換を求めます!

0 人が賛同しました。もう少しで 200 人に到達します!
200 の賛同で,このキャンペーンは ページ上のおすすめに表示される可能性が高くなります!