多目的トイレにヘルプマーク の掲示を!

多目的トイレにヘルプマーク の掲示を!

0 人が賛同しました。もう少しで 200 人に到達します!
200 の賛同で,このキャンペーンは ページ上のおすすめに表示される可能性が高くなります!
発信者:佐々木 沙希 宛先:内閣府、国土交通省、厚生労働省、東京都

ヘルプマーク、あなたは知っていますか?

赤い四角の中に白いハートと白い十字。

「外からは見えない」「分からない」「伝えられない」

不自由を抱えた人達のSOSのマークです。

現在、配布されているチラシでは

「ヘルプマークをみかけたら電車内で席を譲ってください」

という文言が目立ちます。

しかしヘルプマーク所持者の困りごとはそれだけではありません。

私達の中には外見では分からなくても、多目的トイレを使用しなければならない、または使いたい事情を抱えている人がたくさんいます。

 

例えば次のようなことがあります。

・パニックになった時のクールダウンの場所として使用したい

・排泄障害の人が、やむを得ず一般のトイレを使用したため汚物を持ち歩くことになった

・病気のため急に吐き戻しをすることが多く、一般のトイレの順番待ちが難しい

 

多目的トイレは身障者、お年寄り、子供連れの方などだけでなく、他にも様々な人が使用します。けれど私達はヘルプマークを提示しても理解を得られずに困ることが多いです。だからこそヘルプマーク所持者にとっても安心して使用できる場所にしたいと考え、ヘルプマークも他のピクトグラムと同じように多目的トイレへの掲示をお願いするために署名活動しています。

0 人が賛同しました。もう少しで 200 人に到達します!
200 の賛同で,このキャンペーンは ページ上のおすすめに表示される可能性が高くなります!