コロナウイルス感染拡大による授業料減額、休学規則の改正を要望する署名。

0 人が賛同しました。もう少しで 200 人に到達します!


新型コロナウイルス感染症については、 厚生労働省 や 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている一次情報をご確認ください。*Change.orgは、利用規約とコミュニティガイドラインに違反しないコンテンツの検閲(ファクトチェックを含む)を行っておらず、キャンペーンの内容に関する責任はユーザーに帰属します。 


学校法人名古屋自由学院、名古屋芸術大学の学生有志です。

私達は学校法人名古屋自由学院、名古屋芸術大学の学生にヒアリングを行い、以下三点を学校法人名古屋自由学院、名古屋芸術大学に要望する署名を集めています。

・授業回数減少、又はオンライン授業移行による学校法人名古屋自由学院、名古屋芸術大学の授業料の減額。

・通常授業が開講するまで、二年以上の休学を認めること。又、既に授業料を支払っている為、休学届け手数料の免除。

・通常授業が開講するまでオンライン授業が行われていた場合、期間を遡って休学を認めること。

署名の背景  ー 授業料減額について ー
 

ご存知の通り、現在私達の大学では新型コロナウイルスの蔓延に伴った当面の大学への立ち入り禁止や通常授業の再開の見通しが立たない状況となっております。

( 大学関係者がこのような状況でご尽力いただいていることは十分に理解しております。)

ですが、十分な大学の設備の使用や本来受けられるはずの教育の維持が難しいにもかかわらず、今年度前期の授業料を支払った在学生、又保護者は。感染拡大に伴う経済活動の変化のあおりをうけて、経済的に不安や不満を抱えるような境遇となっているのではないでしょうか。

例えばオンライン授業を行う場合、受けるためのWi-Fi環境などがなく、改善を求められる生徒は自費でそれらの費用を負担せねばならない状況になっています。

 

署名の背景  ー 休学規則の改正について ー
 

学校法人名古屋自由学院、名古屋芸術大学には、対面教育ありきで運営されるべき実技系の学科を専攻している生徒が多数在籍しております。そういった学生にとって大学施設を利用できないこの状況は、本来受けられるはずの教育が十分に受けられない状況となってしまっています。又、前期授業の見通しが立たないにも関わらず授業料を支払った生徒には、休学措置の手数料の免除を求めます。

そのような状況が理由となり

「万全の状態で授業を受けられる状況になるまで休学をしたい、経済的な理由で休学をしたいという要望があることから、特別な休学規則の改正が必要となっている。」と考えます。

 

 

 

学校法人名古屋自由学院、名古屋芸術大学に要望すること
 

以上のことを考慮し、学校法人名古屋自由学院、名古屋芸術大学に在学している学生より

・授業回数減少、又はオンライン授業移行になる場合、学校法人名古屋自由学院、名古屋芸術大学の授業料の減額。

・通常授業が開講するまで、二年以上の休学を認めること。既に授業料を支払っている為、休学届け手数料の免除。

・通常授業が開講するまでオンライン授業が行われていた場合、期間を遡って休学を認めること。

以上三点を学校法人名古屋自由学院、名古屋芸術大学、その他必要とされた所に要望します。

 

 

署名の仕方
「名字」の欄に学生番号を入力してください。(任意)

卒業生は「卒業生」

保護者様は「保護者」

とご記入ください。

「名前」の欄には、フルネームで名前の入力をお願いします。

「Eメールアドレス」の欄には、普段使っているメールアドレスの入力をお願いします。(任意)

※署名は学校法人名古屋自由学院、名古屋芸術大学在学生在学生、又保護者様、卒業生にお願いしております。

※お預かりした個人情報は、厳重な管理を行い、署名を提出する際の名簿作成や、責任者である学生有志からのご連絡のみに使用します。

※メールアドレスはご連絡のため必須となりますが、住所の入力は愛知県とだけの記入でも問題ありません。(ご連絡がなければこちらにはメールアドレスは表示されません。)

下記に県庁所在地の郵便番号を記しておきます。

*愛知県 名古屋市 〒460-0001

*三重県 津市   〒510-0259

*岐阜県 岐阜市  〒500-000

 

 


在学生にとってより良い学生生活を送るためには、皆様のご署名が必要です。
ご協力よろしくお願い致します。

 

学校法人名古屋自由学院、名古屋芸術大学 学生有志

 

 

質問や要望、意見がございましたら下記のメールアドレスまでご連絡をお願いします。

mail:meigeidai.signature@gmail.com