安倍首相、G20で温暖化対策のリーダーシップをとってください!

0 人が賛同しました。もう少しで 1,500 人に到達します!


日本が、気候変動の原因となる“石炭火力発電への世界最大級の資金提供者”となってしまっていることをご存知でしょうか?

日本の官民の銀行は国内外において、CO2排出量が最も多い石炭火力発電へ世界最大級の資金提供者であり、資金を通じて気候変動を加速させ、日本はもとより、ベトナムインドネシアなど海外の国々でも石炭開発による公害の被害が広がってしまっています。


そんな中、ここ日本で6月28-29日に大阪G20サミットが開催され、20カ国の首脳が“世界が直面している重要課題”について議論します。


G20議長国である日本の安倍首相は「 地球を救うために日本とともに行動しよう(LINK)」「 野心的な気候変動対策がサミットの最優先課題となる 」と発言していますが、政府が今月閣議決定した「長期戦略」では石炭火力を続けることを明確にしています。そのため、温暖化を1.5℃以下に抑えるという国際公約を果たすための、世界の脱石炭の流れと逆行し、このままでは世界から冷たい眼差しを向けられてしまいます。


私たち、日本がこれ以上多くの石炭火力開発に資金を提供しないよう、安倍首相に対して「脱石炭・再生可能エネルギーへの転換を明確にする」よう、世界とともに呼びかけませんか?


すでに世界からは数万の声が上がってきています。日本からもこの世界規模のキャンペーンに参加して、安倍首相に石炭火力発電への支援停止を呼びかけましょう


日本が気候変動問題解決に対してリーダーシップを発揮するために、あなたの声が必要です!