【緊急署名】田仲康博教授の特任教授への任用について 再考を求めます!

0 人が賛同しました。もう少しで 500 人に到達します!


 田仲康博教授は、2019年3月の定年退職を前に特任教授としての任用を希望し申請していましたが、審議の結果、不採用に決まりました。しかしながら、委員会から今回の決定について十分な説明はありませんでした。

 田仲先生は2005年に国際基督教大学に赴任されてから、主にカルチュラル・スタディーズの授業を担当されてきました。学問の「領域」を横断しながら批判的に〈日常〉を問いなおすという、「リベラルアーツ」を体現した刺激的な授業だけでなく、一人ひとりの学生に対する面談での丁寧なご指導にも定評があります。

 私たちは、本学において10年以上に渡ってカルチュラル・スタディーズの授業の質を向上させ、リベラルアーツ教育の理念にも貢献してきた田仲先生の特任教授への任用を再考することを求めます。是非、本学だけでなく他大学の学生・卒業生・教員の皆様にも署名のご協力をいただきたく、お願いいたします。

     2017年12月25日 リベラルアーツをまもる学生有志の会



今日:リベラルアーツをまもる学生有志の会さんがあなたを信じています

リベラルアーツをまもる学生有志の会さんは「国際基督教大学 日比谷潤子学長: 国際基督教大学 田仲康博教授の残留を求める嘆願書」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!リベラルアーツをまもる学生有志の会さんと281人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。