国際テニス連盟へ:あらゆる能力を持つ全ての人がテニスをできるよう支持を

国際テニス連盟へ:あらゆる能力を持つ全ての人がテニスをできるよう支持を

0 人が賛同しました。もう少しで 25,000 人に到達します!
もう少しで賛同数が25,000に届きます!
Nathan Ryanさんがこのオンライン署名を開始

English | Spanish | Japanese

息子のカイはロジャー・フェデラーに出会い、影響を受けて 7 歳でテニスを始めました。 テニスは、彼が強さと自信を得るのに最適で安全なスポーツです。 カイは世界初の小柄なプロ選手になりたいと思っており、パラリンピックで母国を代表することも望んでいます。

アダプティブ スタンディング テニス(障がい者立位テニス)は、車いすでテニスをする車いすテニスとは対照的に、立ってテニスをする身体障害のある個人のためのテニスの一種です。 私たちの夢は、アダプティブ スタンディング テニス プレーヤーが車いすプレーヤーと一緒にグランドスラムやパラリンピックでプレーすることです。

私たちは呼びかけています

1. 国際テニス連盟がアダプティブ スタンディング テニスをテニスのカテゴリーとして公式に認可すること。

2. 国際パラリンピック委員会は2024 年パラリンピックで、テニスのスタンディングアダプティブ クラシフィケーションを含めること。

3. 米国テニス協会とテニス オーストラリアは #TennisForEveryone キャンペーンを支持すること。

車いすテニスは1988年のソウルパラリンピックから、デモンストレーションスポーツとしてスタートしました。 この開始以来、車いすテニスは軌道に乗り、世界中でプレーされています。 しかしながら、32 年以上にわたり、テニスをプレーするアダプティブ アスリートは認められておらず、また分類もできず、パラリンピックで国を代表することもできません。

ITF やパラリンピックは、これらの人々をアスリートとして認めず、車いすでプレーすることを余儀なくされていますが、片腕切断者が車いすでプレーできるでしょうか? 私の息子はスタンディング アスリートとして分類されようと挑みましたが、拒否され、別のスポーツを試すように言われました。すべてのプレイヤーは、自分の好きなゲームをプレイする公平な機会を得るに値するものであり、多様な能力への基準をより包括的にする時が来ています。

何年もの間、世界中の多くのアスリートが、アダプティブ スタンディング テニスが車いすテニスと同じように、テニスの公認カテゴリーとして認知されるよう努めてきました。 そして、国際機関の注目を集めるために、あなたの助けが必要です。

カイは現在、熱心にトレーニングを行っています。 彼は障がい者や車いすのトーナメントでプレーしていますが、彼の夢は、障害のある他のスタンディング アスリートと国際的にプレーできるようになることです。 カイの夢を実現し、障害を持つ人々にとってスポーツがより身近なものになるために、この請願書に署名してください。

0 人が賛同しました。もう少しで 25,000 人に到達します!
もう少しで賛同数が25,000に届きます!