このキャンペーンは終了しました
宛先: 国連教育科学文化機関(ユネスコ) と1人の別の宛先

ユネスコ「南京大虐殺文書」の世界遺産登録、取り消しを求めます。I demand world heritage registration, the cancellation of the UNESCO "Nanjing Massacre document".

10,361
人の賛同者

国連教育科学文化機関(ユネスコ)は10月9日(日本時間10日未明)、
中国が登録申請していた「南京大虐殺文書」を記憶遺産に登録した、
とのことですが、

そもそも「南京大虐殺」などなかったのです。
日本を貶めるため中国が捏造した事件を
公平中立な世界機関が取り上げ、しかも中国の言い分を
そのまま受理し、世界遺産登録まで行うとは
非道極まりない行為である


〇1937年の南京の状況について

日中戦争(シナ事変から)、開始から半年後
日本軍は南京近くまで進撃します。

そのときどのようなことがあったのでしょうか?

まず、1937年、12月1日
大日本帝国大本営は、南京に「安全区」を作るように指令を出します。
直ちに民間人は「安全区」に集められます。

そして、当時、中国国民党の指導者だった
蒋介石は12月7日に逃亡します。

12月9日に日本軍は国民党軍に
投稿勧告を出し、ビラで通達します。

このとき、日本軍は「オープンシティ宣言」を出すのです。
すなわち無血入城をするため、指導者なき国民党政府に
白旗を上げる時間を与えたのです。

翌日、無慈悲にも国民党軍の司令官から返答はなく
しかも軍の司令官も逃げ出してしまいます。

そして12月13日に日本軍は攻撃開始し南京へ入城。

これが南京戦の流れです。

だれも虐殺の指示も出していません。
むしろ南京市民は、歓迎して迎えたのです。

数多くのメディアが日本軍が歓迎されているところを
見ています。

例えば
イギリス系新聞「ノース・チャイナ・デイリー・ニュース」
 『南京市民に食糧等を配る日本兵たち。』

この他、150名ほどの記者が
当時、南京が平和理に開放されたところを見ています。


ではなぜ
虐殺が行われたという史実が拡散しているのかというと…

戦後、1947年に極東国際軍事裁判(東京裁判)
南京法廷にて裏付けのない証言がなされます…

「30万人もの人が日本軍に殺された…」


これは証拠も一切なく、この裁判が政治的ショーでしかなかったため
一部の中国人が南京で証言したことを
そのまま東京裁判で取り入れられ判決。
南京攻略戦を指令した松井司令官は死刑に処せられました。


そもそも
30万人殺されたという証言もおかしなものです。

当時、南京の人口は20万人でした。
南京への攻撃開始の約1週間前の1937年11月28日に、
警察庁長官・王固磐は、南京で開かれた記者会見において、
 「ここ南京には今なお20万人が住んでいる」と発表していることからも
明らかです。

そして南京陥落後、人が各地から集まり25万人に増えたという統計も
あります。(国際委員会が調査)


国民党の指導者、蒋介石は1966年に
こう述べています。

「南京に大虐殺などありはしない。
ここにいる何将軍も軍事報告の中でちゃんとそのことを
記録してあるはずです。
私も当時、大虐殺などという報告を耳にしたことはない。
松井閣下は冤罪で処刑されたのです」


以上の事柄を持って
「南京大虐殺」などなかったという結論に至っております。

 
私たちは、国連教育科学文化機関(ユネスコ)に次の2点を要望します。

1.「南京大虐殺文書」記憶遺産登録の取り消し

2.1937年、当時、南京で何が起きたか再調査を願う

中国共産党の調査のみにとどまらず、
台湾の国民党関係者、日本の当時、南京戦に携わったもの

そして、海外からの記者など当時、南京にいた全てのものから
見聞をし、徹底的に調査いただきたい。


United Nations Educational, Scientific and Cultural Organization (UNESCO) has allegedly registered the "Nanjing massacre document" as a Memory of the World on October 9 (dawn of 10 in Japan time) that China had applied for the registration; however, originally, there were no such incident as called "Nanjing Massacre."


It is an appallingly inhumane act that the impartial and neutral world institution has picked up the incident that China had fabricated in order to demean Japan, even worse accepted the story of China as it is, and up until registered it to the Memory of the World. 


We demand the next two points for the United Nations Educational, Scientific and Cultural Organization (UNESCO).

 1. Cancellation of "Nanjing Massacre document" to include on the Memory of the World

 2. We hope to reinvestigate on what happened in Nanjing at that time in 1937.


Destination:

United Nations Educational, Scientific and Cultural Organization (UNESCO)

Ms. Bokoba, Secretary General

 We request the revocation of "Nanjing Massacre document" on the Memory of the World.

署名は以下の宛先へ届けられました:
  • 国連教育科学文化機関(ユネスコ)
  • ボコバ事務局長


    長谷川 一 さんはこのキャンペーンを賛同者1名から始め、今では10,361名の賛同者を集めました。あなたも、変えたい課題に対して、キャンペーンを始めてみませんか?




    今日:WORLDさんがあなたを信じています

    KSM WORLDさんは「国連教育科学文化機関(ユネスコ), ボコバ事務局長: ユネスコ「南京大虐殺文書」の世界遺産登録、取り消しを求めます。」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!WORLDさんと10,360人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。