私達は兵器 武器の無い世界を望みます。

0 人が賛同しました。もう少しで 100 人に到達します!


最初に、安保理に頼るつもりは有りません。ステップです。

 

この表題は、私が少年期にベトナム戦争のドキュメンタリーを見たときに、「なぜ、こうなる事が分かっているのに、兵器 武器を作るのだろう?」でした。大人の社会から見れば、何も分からない子供の発想なのでしょうが。今は、これが実現できれば多くの問題が解決できると思っています。

 

第二次世界大戦が終わって70年。その間にも、朝鮮南北戦争、ベトナム戦争、イラク戦争、そして内戦、紛争、過激派のテロ。そのたびに、多く一般国民が巻き込まれ、戦争、紛争被害者が膨大な数、出ています。

世界の指導者たちはいつまでこんな事を続けるのでしょうか?

 

自国を守るためと称して作られる兵器 弾薬。自分達を守るためと称して作られる武器 弾薬。そうして作られた兵器 武器 弾薬が輸出され流通する人間社会。

兵器 武器は、好戦的な政治家たちや、野心を持った指導者たちに利用され、地域紛争や戦争に、そして、多くの人々が巻き込まれ死んでいます。

他国に、兵器 武器が無ければ、自国が兵器 武器を持つ必要は無いはず。

各国政府、及び、国連安全保障委員会は、早急に兵器 武器の廃絶、弾薬、及びそれに関わる薬品の管理を行い、兵器 武器 弾薬を世界から無くして下さい。

未来の子供たちには、全ての人々が仲良く暮らす世界に生きていて欲しいです。

 

 

 



今日:one earth(minoru takayasu)さんがあなたを信じています

one earth(minoru takayasu)さんは「国連安全保障理事会: 私達は兵器 武器の無い世界を望みます。」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!one earth(minoru takayasu)さんと47人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。