このキャンペーンは終了しました

公園の遊具を撤去しないで!

15人の賛同者が集まりました


近頃、公園の遊具が次々と撤去、取り替えられています。理由は「危険だから」。これ以上子供に過保護な環境になってもいいのでしょうか。ここで、具体的な実例をいくつか紹介します。

  • 高さのある滑り台が低く緩やかなものに変えられた
  • 箱型ブランコが撤去された
  • 回転遊具が撤去された
  • ジャングルジムが低く、規模の小さいものに変えられた

これは平成14年に国土交通省により作成された「都市公園における遊具の安全確保に関する指針」(以下、安全指針)、平成25年10月設置された「都市公園の遊戯施設の安全性に関する調査検討委員会」(以下、調査委員会)によるもので、一般社団法人「日本公園施設業協会」までもが調査委員会からの通達で遊具の基準である「遊具の安全に関する規準」を作成し、さらには調査委員会がパブリックコメントを募り17の個人、団体から40件もの意見が集まりました。(ですが、これらは一部の過保護な人および団体からの声が圧倒的に多いと思います)これらの意見を踏まえて安全指針、遊具指針を作成したというのですから、遊具の基準が過保護になるのは当然といえます。

実際に報告されている遊具の撤去状況は、ジャングルジムが半減、箱型ブランコが従来の7分の1に減ったなどが挙げられます。

確かに、遊具で遊んでいた子供が怪我をしたり、思わぬ事故に巻き込まれることもあるかもしれません。ですが、これは保護者の監督責任が問われるべきであり、遊具の整備・点検さえしていれば公園側には罪はないと思います。また、こうした「過保護」な遊具ばかりになると、子供たちの公園で遊ぶ意欲の低下や物の危険性に対する認知度の低下は免れず、その結果として活発な子供たちが姿を消す時代ももうすぐそこまで来ているのではないでしょうか。

子供の保護者は公園の管理者や自治体に過剰な子供の安全の確保を求めるよりも、まずは自分で子供をしっかりとまもってあげられないのでしょうか。人というのは何度も失敗を繰り返して成長するものです。ですがそういった欠かせない成長の要素を国がいとも簡単に奪ってしまって良いのでしょうか。

私たちは、この異様な一連の指針、基準の撤廃、子供たちが自由に、活発に遊ぶことのできる環境を再構築することを要請します。皆様、ぜひ次世代を担う子供たちのためにも、このキャンペーンを実現させましょう!



今日:雄風さんがあなたを必要としています

北村 雄風さんは「国土交通省, 東京都, 日本公園施設業協会: 公園の遊具を撤去しないで!」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!雄風さんと14人の賛同者と一緒に賛同しましょう。