周南と香川の犬を増やす原因の「無責任な餌やり」を取り締まって欲しい

0 人が賛同しました。もう少しで 200 人に到達します!


不幸な野犬は、犬を増やす事で増えていく。動物愛護活動家である私が、このキャンペーンを立ち上げた意味、その理屈をどうか理解して下さい。

捕獲のため、避妊去勢のためという目的を遂げる餌付け以外に、ただ餌をばら撒いて帰っていくような、なんの責任も持たない「無責任な餌やり」が周南市や丸亀市を闊歩しています。

犬は増えれば増えるほど、不幸な犬も増えていきます。今年は10頭が、餌をやるだけなら来年は20頭、再来年は40頭。誰がその責任を取るのでしょうか?

不幸な犬を減らせば殺処分も減る。殺処分を増やしているのは、行政ではなく犬が増える手伝いをしている連中です。犬を増やす連中は、空腹を満たしてあげる動物愛護家ではなく、不幸な犬をも増やす反動物愛護だと気付いて下さい。

殺処分を減らすには、まずは蛇口を閉めないといけません。野犬の蛇口とは一体なにか?冷静に頭を回転させて考えて下さい。

今からでも遅く無い、収容から譲渡への正しい道のりで、この問題は解決するしかありません。