キャンペーン成功!

河村たかし名古屋市長は リコール不正署名の責任を取ってください

30,970人の賛同者により、成功へ導かれました!


賛同署名を集めます。ご協力をお願いします。締切は3月18日です。

1.    自らがリコール署名の重要な主宰関係者の一人であることを認め、リコール署名が引き起こした混乱と不正の一切の責任を認め、市民に謝罪すること。

2.   名古屋市長を辞職し、政治家を引退すること。

昨年行われた大村秀章愛知県知事へのリコール署名について、信じられないような不正の実態が次々と明らかになっています。リコールという市民の貴重な権利を傷つける大規模な不正に、多くの市民が驚き、そして憤っています。

そもそも今回のリコール署名は、河村市長が名古屋市議会で可決されていたあいちトリエンナーレ2019の分担金を議会の承認を得ることなく一方的に不払いと決定したことに端を発しています。あいちトリエンナーレ実行委員会は河村市長による不払い決定を裁判に提訴しました。裁判に訴えられ追い詰められた河村市長は、あいちトリエンナーレ実行委員会会長である大村知事に対して、リコール署名を行うことで形勢を逆転させようとしたのです。

そして高須克弥氏は、「河村市長から電話がありリコールすることを決めた」「昨日、河村市長と事務局と3時間話をして(リコール署名の開始を)決めた」(2020年6月2日開催のリコール署名開始発表記者会見にて発言)と河村市長がリコール署名の開始に直接大きな影響を与えていたことを明らかにしています。

さらに河村市長は、コロナ感染拡大に多くの市民が不安を感じる昨年6月28日、名古屋市内の大須で大勢の通行人が「密」となる状態を作り出しながら、高須克弥氏とともに街頭宣伝を行うなど、リコール署名に熱心に取り組みました。このような河村市長の熱心な姿勢は、リコール署名が終了するまで変わりませんでした。

今、リコール署名に大規模な不正が明らかとなった以上、河村市長は自らの行為が市民の権利を大きく傷つけ、また愛知県の民主主義への信頼失墜に加担してしまったことを深刻に受け止めなければなりません。

結果責任はしっかりと取らなければなりません。万が一にも、高須克弥氏や事務局の田中孝博氏に責任を押し付け、自らはあたかも「被害者」であるかのような振る舞いは決して許されません。

私たちは以上の理由から、河村たかし氏に名古屋市長として、また同時に一人の政治家として上記2項目の内容を要請します。

  2021年2月19日「表現の不自由展・その後」をつなげる愛知の会

共同代表 久野綾子 磯貝治良 池住義憲 長峯信彦 中谷雄二



今日:「表現の不自由展・その後」をつなげる愛知の会さんがあなたを必要としています

「表現の不自由展・その後」をつなげる愛知の会さんは「名古屋市長・河村たかし様、減税日本代表・河村たかし様: 河村たかし名古屋市長はリコール不正署名の責任を取ってください」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!「表現の不自由展・その後」をつなげる愛知の会さんと30,969人の賛同者と一緒に賛同しましょう。