ライブハウスだけをウイルスの温床のように決めつけて叩くのやめませんか?

0 人が賛同しました。もう少しで 100 人に到達します!


今回のコロナウィルスの国内感染経路の1つとして、ライブハウスがあげられています。たしかにそうかもしれません。各メディアではライブハウスがコロナウイルスの温床として散々な取り上げられ方をしています。これにより、社会全体でライブハウスを叩く風潮ができあがってしまっています。私は皆さんにもう一度その行為を考え直していただきたいです。

もちろん、ウイルスの感染経路になったかもしれません。狭い天井に数時間多くの人が空間を共有するわけですから、否定はしません。できません。クラスター感染が起こる可能性だって十分にあり得ます。

本件の影響をうけて、全国のライブハウスでは営業を自粛し、エンタテインメント業界は大きな打撃をうけています。社会の風潮もありますし、ライブを開催することが良い判断だとは思いません。

一方で、ライブハウスだから全てその範疇でもない、ということを分かってください。天井が高いライブハウスだってあります。

ですが、それなのに、なぜライブハウスをここまで社会全体で徹底的に悪とするのでしょうか?ライブハウスだけが感染経路になったわけではありません。なぜライブハウスで感染しやすいかより、今後様々な場所で感染しないためには、をさらに具体的に考えるべきではないのでしょうか?

少し話しは逸れますが、音楽に救いを求めて、社会で生きるのが苦しくてライブハウスでようやく息ができるような人たちがライブハウスにはたくさんいます。社会で笑えなくて苦しくて、ライブハウスだったら笑えるって人がいます。僕自身その一人です。

どうか、ライブハウスを唯一の居場所だと思っている人たちから、その居場所を奪い取ってしまっていないか、もう一度考えていただきたいです。よろしくお願い致します。もちろん、ライブハウスに限ったことではありません。他の感染経路として特定されたことを生業としているかたも大変だと思っています。その方々の居場所がなくなってしまうのも本当に心苦しいです。だからどうか、これまでのあり方を叩くのではなく、これからどうするべきかを話しませんか?