宛先: 内閣総理大臣安倍晋三殿

原発再稼働をやめ、エネルギー基本計画の見直しで、 再生可能エネルギーの比率を大幅に増加させることを求めます

0

0 人が賛同しました。もう少しで 100 人に到達します!

      原発再稼働をやめ、エネルギー基本計画の見直しで、

   再生可能エネルギーの比率を大幅に増加させることを求めます

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 請 願 主 旨 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 現在、経済産業省において、国のエネルギー政策の指針となる「エネルギー基本計画」の見直しの議論が進められています。しかし、2014年の現行計画を概ね踏襲し、2030年度に必要な電力の20~22%を原発で賄う目標を維持する方針を示しており、原発ゼロを要求する国民全体の思いと逆行しています。

 2014年に現計画をまとめた際は、意見公募(パブリックコメント)で寄せられた約2万件の大半は「脱原発」を求める意見でしたが、計画には全く反映されませんでした。しかも、ベースロード電源構成比の20~22%を原子力発電に依存することは、現在の原発を全て稼働させることが前提とされるものであり、到底認められるものではありません。

 福島第一原発事故から6年半が経過しましたが、いまだ事故は収束せず、様々な形で苦しみと被害が続いています。「もう二度と原発事故はごめんだ」これが国民共通の強い思いです。

 福島第一原発事故以降、世界では脱原発に舵をきる国が相次ぎ、日本においても節電や省エネルギーの取り組みが広がっています。また、太陽光発電などの普及により、再生可能エネルギーの割合は増えています。原発事故後、2年近く原発の稼働がゼロの期間がありましたが、電力供給に問題は生じませんでした。今こそ原発に頼らないエネルギー政策への転換が求められています。

 以上のことから、以下の事項を請願し、その実現を求めます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 請 願 事 項 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  1. エネルギー基本計画の見直しにあたって、再生可能エネルギーの比率を大幅に増加させること。
  2. 原発再稼働をやめ、原発ゼロをめざすこと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※Change.orgでのネット署名は、制度上、総理大臣あてのみ有効となりますので、官邸提出分として取り扱います。

※自筆で署名される場合は、以下をそれぞれクリックしていただくと署名用紙がダウンロードができます。

「個人署名用紙」

「団体署名用紙」

「リーフレット」

署名後は以下の送付先にお送りください。

〒113-8465

東京都文京区湯島2-4-4 平和と労働センター7F 全日本民医連気付

原発をなくす全国連絡会宛

「原発をなくす全国連絡会」のHPはこちらにてご確認ください。

よろしくお願いいたします。

賛同者の署名は以下の宛先へ届けられます
  • 内閣総理大臣安倍晋三殿

    原発をなくす全国連絡会 さんはこのキャンペーンを賛同者1名から始め、今では83名の賛同者を集めました。あなたも、変えたい課題に対して、キャンペーンを始めてみませんか?




    今日:原発をなくす全国連絡会さんがあなたを信じています

    原発をなくす全国連絡会さんは「原発ゼロの未来へ!エネルギー基本計画の見直し、再生可能エネルギーへの転換を!」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!原発をなくす全国連絡会さんと82人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。