障害者手帳において発達障害として、手帳の区分を求めます!

0 人が賛同しました。もう少しで 100 人に到達します!


障害者手帳とは、障害のある人が取得することができる手帳です。障害者手帳を取得することで、障害の種類や程度に応じて様々な福祉サービスを受けることができます。


精神障害者保健福祉手帳
精神疾患(てんかん、発達障害を含む)により、長い間日常生活または社会生活への制約がある方が申請することができます。以下の精神疾患などが一例として挙げられます。


・統合失調症
・うつ病、そううつ病などの気分障害
・てんかん
・薬物やアルコールによる急性中毒またはその依存症
・高次脳機能障害
・発達障害(自閉症、学習障害、注意欠陥多動性障害等)
・その他の精神疾患(ストレス関連障害など)


発達障害は精神障害者手帳で区別されていますが、それは二次的な障害であり、本来は精神障害者と言えるものではありません。
また精神障害者に含めている現状では、世間一般が発達障害者の認識において、誤解をしている場合が多いです。それは就職活動で顕著に表れてしまいます。


障害区分として、身体、知的、精神、発達と分けてただきたいと思います。



今日:Nさんがあなたを信じています

A Nさんは「厚生労働省: 障害者手帳において発達障害として、手帳の区分を求めます!」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!Nさんと7人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。