小さな命を守るため妊婦とその家族の出勤停止と補償を求める

0 人が賛同しました。もう少しで 500 人に到達します!


緊急事態宣言を出された今も、仕事を休めないでいる妊婦やその家族たちが沢山います。彼女、彼らは自分と自分の大切な命が危険に晒されながらも出勤することを拒めません。それは政府から企業へ妊婦とその家族の出勤停止要請がなされないから。これから生まれてくる子供は未来の日本を担う大切な宝。そんな大切な子供たちをこのまま危険に晒していて良いのでしょうか。

私の妻も今、妊娠10週目。もう少しで安定期に入ります。私はホテルに勤めていますが、毎日、出勤するのが怖くてたまりません。しかし、出勤しなければ生活を守れなくなるのもまた事実。

出勤停止要請だけでなく、休業した後も安心して生活していける補償も必要不可欠となります。

同じような意見を持った方々の署名が沢山集まって、政府の考えを動かすことが出来ればと思います。

皆様、どうかお力をお貸しください。