家庭内の虐待への民事不介入撤廃と虐待の種類の周知徹底を求めます。

0 人が賛同しました。もう少しで 100 人に到達します!


私が生まれる以前より、子供の人権が軽く扱われ配偶者及び子供などへの家庭内での虐待が見過ごされ多くの命が奪われてきました。

私自身家族から虐待を受けて育ち、大人になってからも社会的に様々な生きづらさを抱え生きています。

[民事不介入]を理由に、警察へ通報しても取り合ってもらえなかったり親権のある親へ虐待を認知していても帰され度々命が失われる報道を目にします。

今回の千葉県野田市の事件では教育委員会までもがたった一人の父親に恐怖し子供の命が失われるという結果になってしまいました。

国や学校はいつまで民事不介入で未然に防げたかもしれない犯罪を放置するのですか?

すぐに変えれるのは国の力だけです。

何が虐待に当たるのか把握していない人が多いため、言い出せないことも多く虐待されている当事者ですら気づかないことも少なくありません。

身体的な虐待以外でも、心を傷つけるものや経済的に追い詰められると言った種類もあることを学校でも小さい頃から周知し、犯罪を起こさせないよう各省庁も連携し、虐待は家庭内で解決するという意識を大人も一緒に変えていきませんか?