医療における患者差別への撤廃を目指し、全ての患者が医療を受けられるよう、厚労省に通達を求めます!

Reasons for signing

See why other supporters are signing, why this petition is important to them, and share your reason for signing (this will mean a lot to the starter of the petition).

Thanks for adding your voice.

佐藤 真左美
Nov 4, 2020
賛同します。日本の医療はおかしいと思うところが多い。体に問題があるのに、過去に精神科に行ったことがあるというだけでも、精神科に行ったほうがいいと勧められ、十分な検査をしてくれない。ものすごくそれが強い医師もいました。ほんとに悩みました。いまでも少しその影響があります。こういうことは絶対に止めるべきだ。

Thanks for adding your voice.

宗近 秀信
Aug 31, 2020
@crazycoolmune

Thanks for adding your voice.

中島 祐一
1 year ago
遅ればせながら同意させて頂きました。

Thanks for adding your voice.

秋野 隆仁
1 year ago
武漢肺炎と闘う安倍内閣はじめ各省庁や自治体には、その国家や国民を守ろうという心意気の強さに深く感謝するとともに、日本に生まれたこと幸甚の至りと再認識するところであります。

しかしながら、私も当事者として実感することのあった精神疾患に対する医療機関や医療従事者の差別的な姿勢。
それは武漢肺炎にあっても変わらずあるということは大変嘆かわしく思います。

多くの精神疾患患者はその病状が寛解に至れば再び日本のために活躍出来るはずです。
今回の件に限らず、精神疾患への医療の姿勢根本を変えていくことは必ずや国益に繋がることであると思います。

武漢肺炎の早期終息、精神疾患やその他の既往の有無によることの医療的な差別撤廃、それから祖国の安泰を祈り賛同致します。