このキャンペーンは終了しました

乳がん患者の乳房再建術「脂肪注入法」を保険適用に!

1人の賛同者が集まりました


乳がんは、がんのなかでも女性がかかる割合が非常に高く、罹患率は年々増加しております。

しかしながら、乳がんに対する研究や一般認知率の高まったことで、早期発見や、進行性の場合でも適切な治療による予後の改善が期待できる病気でもあります。

また手術により失われた乳房を形成外科の技術によって再建する「乳房再建術」も日々進化を遂げ、女性の肉体的・精神的ダメージを緩和させることも可能になりました。

その乳房再建術には、大きく分けると、自家組織移植による方法(皮弁法)と、インプラントいわゆる人工乳房による方法(インプラント法)の2通りが主流となっており、そのいずれも保険適用となっております。

それに続く乳房再建術として注目されているのが、「脂肪注入法」です。

脂肪注入法は、大腿や腹部などから、細い管で脂肪吸引を行い、それを乳房へ注入する手術法です。

元々は生着率が低いことからあまり推奨されてきませんでしたが、近年、脂肪の抽出や注入の手法が進歩し、高確率で生着が可能となりました。

また身体への負担が通常の再建術に比べ格段に軽く、自然な仕上がりとなります。

ここまで進歩を遂げた「脂肪注入法」ですが、残念なことに保険適用外となっております。

皮弁法のような長期入院、大きな傷も無く、インプラント特有の皮膜拘縮や破損リスクも無く、メンテナンスや交換の費用もかからない「脂肪注入法」は最も安全で推奨されるべき乳房再建術であると考えます。

この「脂肪注入法」を保険適用にすることで、より多くの乳がん患者の心のケアにつながれば、とても素晴らしいことではないでしょうか。

 



今日:Yさんがあなたを必要としています

Y Yさんは「厚生労働省: 乳がん患者の乳房再建術「脂肪注入法」を保険適用に!」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!Yさんと0人の賛同者と一緒に賛同しましょう。