このキャンペーンは終了しました

ラブホテルにも緊急融資をお願いします!

161人の賛同者が集まりました


 

当ホテルは福岡県福岡市博多区の博多駅前にて所謂「ラブホテル」として営業しております。

 

現在猛威を振るっておりますコロナウイルスの集団感染は社会問題となっており職種関係なく皆様お困りの事と存じます。勿論当店も例外ではございません。

そんな情勢の中、政府は少しでも感染を抑えようという流れで緊急事態宣言による外出の自粛要請、休業要請を出しました。その対象に私供ラブホテルは入っておりません。

そのため営業を続くことは出来ておりますが、外出自粛の流れにより売上は落ちていく一方です。全客室にお客様が誰もいない状態の時間が増え、博多駅前という立地もあって夜は出張などのビジネスでのご利用、観光のお客様から地元のお客様までたくさんのお客様にご利用頂いていたのが現在ではお泊りのお客様が1日に1組2組…という事が続いております。

案を出し、策を練り営業をしておりますが、社会や人の流れを無視し、社員・アルバイトを危険に晒しながら営業することに日々葛藤しております。

一般の企業様からすると休業してでもコロナウイルスの感染拡大を防ぐことこそが会社のあるべき姿だと思われることでしょう。

私共のホテルもそうしたいのはやまやまなのですが、休業することが出来ない理由がございます。

私共ラブホテルの営業は、店舗型風俗特殊営業4号のラブホテルにあたります。

現在コロナウイルスによって経営に深刻な影響が出ておりこのままでは数か月後にはホテルの維持費から従業員の給与まで支払うのが難しくなってしまいます。

そのため緊急融資から借り入れしたい所存ですが、現在ラブホテルは融資の対象から除外されております。

私共は国の認可を受けて法律に基づき営業し、

納税の義務も果たしております。

この状況下の中、福岡県では4月より宿泊税の徴収を始めました。私共は宿泊税の徴収と納税も義務付けられているため、徴収・納税いたします。

私たちはホテル業として国に認可されて納税し適法に運営している企業にも関わらず、ラブホテルだからという理由で除外されていることに疑問と深い悲しみを感じております。

他のホテルや旅館業と同じ扱いを受ける権利が私共ラブホテルにもあるのではないでしょうか?

私共ラブホテル含めた風俗営業に対して批判的な目を持つ方がおられるのも承知しております。だけど誰かのためになっている業界で、経済を回して納税により社会の一部になっているとも自負しております。

あきらめにも似た気持ちも持っていましたが、きちんと納税しているのにも関わらず緊急融資の壇上にすら立てないことは差別的だという声をインターネット上でいただき、これは差別なのだとようやく実感してきた次第です。

きっと今も私共以外にもこの現状を悲しく諦めている人がいるとも思いました。

そんな業界と業界各関係者方、従業員や応援・心配してくださる方々、お客様のためにも、まず審査だけでも受けたいと思っております。

そのため署名を集めようと考えた次第です。どうか署名という形で皆様のお力をお借り出来ないでしょうか?

また、この運動を全国に広げたいと考えています。

どうかお力をお貸しくださいますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

 



今日:ロアンヌさんがあなたを必要としています

ホテル ロアンヌさんは「厚生労働省: ラブホテルにも緊急融資をお願いします!」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!ロアンヌさんと160人の賛同者と一緒に賛同しましょう。