アドボカシーセンターの設置を!!

アドボカシーセンターの設置を!!

0 人が賛同しました。もう少しで 100 人に到達します!
100 の賛同で,このキャンペーンは ページ上のおすすめに表示される可能性が高くなります!
発信者:菊池 啓 宛先:厚生労働省

アドボカシー(代弁者)センターの設置を求めます

子供の権利条約12条には自由に自己の意見を表明する権利を確保するとあり、子供たちが年齢に応じて意見を表明するためにはアドボケイター(代弁者)が必要でありあどの独立性を保つためにはアドボカシーセンターが必要です。  

例えば障害のある子は普通学級で勉強したい、障害児学級で学びたい、養護学校に行きたい。

虐待を受けている子供なら母子分離して施設に行きたい、里親のが良い、サポートを受けながら実の親の所にいたい。

など自分の将来を左右するであろう進路について意見を表明する権利があります。

しかし、子供に関する仕事をする人間ですらアドボカシーと言う言葉すら知られていない。

私は虐待サバイバーとしてかつては子供だった者として、子供の意見を表明する権利を担保するためアドボカシーセンターの設置を求めます。

0 人が賛同しました。もう少しで 100 人に到達します!
100 の賛同で,このキャンペーンは ページ上のおすすめに表示される可能性が高くなります!