Petition Closed

厚生労働大臣。木全美千男社会保険労務士を速やかに懲戒してください。

愛知県社会保険労務士会所属の木全美千男社会保険労務士は「すご腕社労士の首切りブログ モンスター社員解雇のノウハウをご紹介!!」と題するブログを開設し、主として事業者をクライアントとして獲得するための情報を発信しています。木全氏は2015年11月24日のブログにおいて「第40回 社員をうつ病に罹患させる方法」を投稿しました。
以下引用
Q
当社にいるモンスター社員は、上司に逆らう、遅刻する、タバコさぼりなど行動が異常です。なんとかうつ病にして会社から追放したいのですが、いい方法ありますか。もちろん会社が法的に責任取らなくていい方法に限ります。
A
結論から言えば可能です。少し手間がかかります
まずバツを与えるべき根拠を就業規則に盛り込みましょう。
①就業時間中の喫煙の禁止 
②上司に文句を言うことの禁止 
③遅刻の禁止  
そしてこれから違反した場合には厳しく処罰を与えることを決めます。そして指導として本人に反省文書を書かせることです。これもバツの一つです。適切合法なパワハラを行ってください。適切にして強烈な合法パワハラ与えましょう
①まずノートと筆記具を用意します。それから、ノートに自分が今まで行ってきた失敗や他人へ迷惑をかけたと思っていること、不快に感じたこと、悲しかったことなどを思い出せるだけ書き、その事柄に対して自分に非があるように関連付けて考えて書いていくことを繰り返しましょう。うつ状態というのは自分を責める病気なので、後悔の量が多ければ多いほど(過去に否定的な執着する程)発症し易いです。
②次にモンスター社員に降格減給 与えて経済的にダメージ与えます。適切な理由でっち上げましょう
③そして万が一本人が自殺したとしても、うつの原因と死亡の結果の相当因果関係を否定する証拠を作っておくことです。なぜなら因果関係の立証は原告側にあり、それを否定する証拠を作成しておくことは、会社の帰責事由を否定することになるからです。したがってそれができればうつ病自殺されても裁判で負けることはありません。
④本当にうつ直前になったら、休職命令与えてもいいでしょう。休職満了による退職でも可能でしょう。
 その際には企業法務労働法務に詳しい特定社労士のサポートを得ることが必須となります。
 モンスター社員に精神的打撃与えることが楽しくなりますよ。
                         (引用終わり)

このような行為・言動は、社会保険労務士法第一条に定める「事業の健全な発達と労働者等の福祉の向上に資する」という社会保険労務士制度の趣旨を没却するものであります。
特に、平成25年度において精神障害による労災申請が1,409件と過去最高件数になっている現状において、労働者を 「うつ病」に罹患させる方法を指南し、それによって 労働者が自殺した場合に備えて証拠作りを奨励するなどしている点で、「公正な立場で誠実にその業務を、行わなければならない」(同法第1条2)社会保険労務士の信用又は品位を害するものであり、同法16条に違反するばかりか、この方法により、うつ病に罹患した人や不幸にして自死に至った遺族がいれば、犯罪にも近い行為であり、絶対に許すことが出来ません。
また、社会保険料の安易な削減は労働者の給付水準を引き下げるリスクがあるにもかかわらず、脱法的な社会保険料削減を積極的に提案するなど、社会保険労務士の手続き業務の正確性を疑わせしめる言動を今なお繰り返しています。

多くの社会保険労務士は事業者と労働者の間に立ち、健在な労使関係を築くために心血を注いでいます。しかし、木全氏のような社会保険労務士が何らの懲戒も受けないのであれば、いわゆるブラック社労士の存在を黙認することなり、社会保険労務士のモラルハザードや社会的責任の低下を招くことは必至であり、結果的にブラック企業の蔓延、助長に繋がり、ひいては日本の雇用情勢をより不安定にし、社会不安を増加させることになります。

1.厚生労働大臣は木全美千男社会保険労務士を速やかに懲戒してください。
2.愛知県社会保険労務士会と全国社会保険労務士会連合会は、監察綱紀委員会の答申を尊重しつつ、木全社労士に対する会員資格について厳正な処分を行ってください。また、社会保険労務士法第25条の3の2(社会保険労務士会又は連合会は、社会保険労務士会の会員について、前二条に規定する行為又は事実があると認めたときは、厚生労働大臣に対し、当該会員の氏名及び事業所の所在地並びにその行為又は事実を通知しなければならない。)に規定する懲戒に向けた責務を果たすとともに、倫理研修の充実等、社会保険労務士が同様の問題を起こすことのないよう防止措置を積極的に進めることを表明してください。

This petition was delivered to:
  • 厚生労働大臣

    飯塚 盛康 started this petition with a single signature, and now has 708 supporters. Start a petition today to change something you care about.